FC2ブログ

外用ステロイドを使わなくても「保湿依存」はある

>外用ステロイドを使わなくても「保湿依存」はある

 外用ステロイドを中止すると、麻薬中止時の時のような「禁断症状」が皮膚に出ます。いわゆる「リバウンド」です。皮膚のステロイド産生能が外用ステロイドで抑制された結果、外用ステロイドが無いと駄目な皮膚になっている状態になります。この時に、多くの患者は「保湿依存」にも陥っています。保湿を中止すると、やはり「リバウンド」が起こります。

 1年程前、脱ステ後の子どもでも、保湿を止めた途端、重症のリバウンドが起こった1歳児もいました。少し軽快するのに、1か月もかかりました。徐々に止めればよかったと反省しました。

 外用ステロイドを使っていた子どもだけに、保湿依存が起こると、当初考えていましたが、そうではないという子どもがちらほらいることに気づきました。

 一番最初の子どもは、保湿剤を1時間ごと塗っていた赤ちゃんでした。塗らないと「パリパリ」になると母親は言いました。もう20年ぐらい前です。この時には、保湿依存という言葉は思い浮かびませんでした。

 その後、ステロイドを使わず治療していた子どもが、肘関節のアトピーがなかなか良くならず、上の赤ちゃんの事を思い出し、もしかしたら「保湿依存」?と、思い至りました。ある時、プール後に肘関節が腫れて受診されました。肘の状態は赤黒く湿っぽい感じでした。母親に、保湿を止めたほうが良くなるかもと説明し、片方の腕だけ保湿しないで様子を見てもらいました。「パリパリ」になっても、我慢して塗らないでと頼んだところ、結果的に塗らないほうが良くなり、全部塗るのを止めました。

 最近も、保湿依存になっている赤ちゃんがいました。皮膚を見てみると、とにかく「赤い」。聞くと、保湿剤を1日5∼6回全身に塗っておられました。しかもお風呂で1日2回洗っていました。自分の皮脂を洗い流し、保湿をするということは、皮脂を出さなくていいと皮膚が認識してしまうことになります。しかも皮膚が赤いと、痒みは増すはずです。

 佐藤小児科を受診する方でステロイドを塗ってない方については、保湿をしていただく事もありますが、1日せいぜい2回以下にしていただいています。

 皮膚科学会のガイドラインには「治す薬は無い」と書かれています。外用ステロイドでも治らないし、保湿剤でも治らないということです。中には保湿剤を必死に塗り、自分の子どもに合った保湿剤を探す方もいます。以前ラバンナという会社が出していたnoatoクリームには、最強のステロイドが混入されていましたが(http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20080716_3.html)、これに騙された方もいました。ステロイドは入ってないという話でしたが、悪質な会社ですね。

 この赤ちゃんには、お風呂を減らし、保湿剤の塗布を減量していく方がいいのではと思い、まず回数を減らしていくようにと相談しました。

何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。

食べたそうにしている時が、食べ始める時期

食べたそうにしている時が、食べ始める時期

 以前、4~5歳まで、母乳で十分だという方がおられると聞きました。この考え方は子どもの栄養や発育・発達に関しての知識が無いとしか言えませんし、害をなす考えだと思います。
それへの反論はブログに書きました。

 4~5才とまでは言わないが、1歳まではご飯をあげないということが、ネットに載っているみたいです。以前きらきらぼしに参加された方が、1歳まで母乳でという方でした。
 また、1歳まで蛋白質をあげないほうがいいという情報をスマホで見せてくれた方もいました。野菜や穀物などにも蛋白質が入っているから、不要だということでした。アトピーが無い赤ちゃん、8kgの体重だと、すくすく大きくなるには、体重あたり3g計24gのたんぱく質が必要です。母乳は蛋白質1%なので、1000cc飲んでいると10g。足りません。だから母乳しか飲んでない子の中には、筋肉がふにゃふにゃの赤ちゃんがいます。運動発達が遅れる子もいます。
 
 たんぱく質含有量が以下のところに載っています。野菜はかなり少ないです。
https://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/protein.html

 昭和60年の母親たちのアンケート調査では、約半分が4か月で離乳食を始め、5か月以下での開始は4分の3になります。離乳の完了も1歳。が、平成27年には、6ヶ月が半分、4か月で始めた母親はほぼいません。その結果、離乳の完了も遅くなりました。30年で、日本人の赤ちゃんの発達が遅くなったのでしょうか?そんなことはありません。1歳には歩けて、単語も出て、こちらの言うこともある程度理解可能という状態になります。
http://rhino.med.yamanashi.ac.jp/sukoyaka/pdf/zyunyuu_all.pdf (昭和60年から平成17年比較)
https://www.mhlw.go.jp/content/11908000/000496257.pdf (平成27年の調査)
これはあくまでもアンケート調査なので、根拠はありません、4か月で離乳食を始めてはいけないという根拠は無いのです。それを如何にもあるように、保健所等公的機関が言うのですから、母親たちもそう思ってしまいます。その母親たちは、6ヶ月よりも早くご飯をもらっていたはずなんですが。

 アトピー性皮膚炎講演会では、重症アトピーの赤ちゃんにとって、3~4か月までは、母乳でも体重は増えますが、そこから、しっかりご飯を食べることができる月齢(個人差はありますが、6~7か月頃)になるまでが、クリティカルな時期だという説明をしています。
 この時までにミルクへ変更し、離乳食を開始すれば、乗り越えることができます。が、母乳をあげたいという気持ちが強いと、夜も昼も母乳をあげてしまうということになり、結局疲れて母乳が出なくなり、母親たちが気付かないままに、体重が増えず、体重が減る事態になってしまいます。これで、近隣の小児科を受診すると、特に関東では「虐待」という判断で児童相談所に通報され、ステロイドを使わない治療は出来なくなってしまいます。こういう赤ちゃんが、日本全国にいます。しかも、今はプロアクティブ治療で、なかなか止めないし、しかもランクの高いステロイドが使われる結果となります。ステロイド依存からの脱却が困難になるのではないかと心配しています。

 さらに最近は、食物アレルギーを予防するには、ステロイドを塗るだけではだめだということが、ステロイドを塗る先生からも言われ始めています。ステロイド塗ってもたまごアレルギーは38%もあったということが東京成育医療センターの調査(https://www.ncchd.go.jp/press/2016/egg.html)から判明しているので、方針転換している最中ですね。何が必要かというと、「食べる」ことです。ステロイド派の先生の中には、検査をせずに食べさせることが良いとか、たまごも5か月ぐらいから少量食べさせた方が良いとか言われる方もいます。

 今までアトピーの赤ちゃんが受診したらステロイドを塗り検査して除去を指示していた先生方が、謝りもしないで方針転換しているのです。まず、反省してほしいと思います。そういう先生方のせいで、食物アレルギーが増えたのですから。

 結論から言うと、早く食べさせることが、アトピーの赤ちゃんの食物アレルギーを防ぎ、一番大変な時期・クリティカルな時期を乗り越えることができるという結果になります。

 決して、ネット上の話を信じないことが必要ですし、鵜呑みにするのではなく、自分で調べることが大事だということです。野菜に入っている蛋白質の%とか。あなた方のご両親=赤ちゃんの祖父母に聞いてみることも大事です。何故、今はご飯をあげるのがこんなに大変になっているのだろうかと言われたおばあちゃまがいました。

重症のあとぴっこは(重症でなくても、母乳だけならアトピー悪化の可能性はあります)
① ミルクにして、10%濃い濃度で飲ますこと
② 4か月から離乳食を始めること
そうすると、体重も順調に増えて、発達・発育も問題なく、すくすく大きくなり、アトピーも1~2歳には良くなります。
 
入院するのは母乳のあとぴっこです。


2019年10月14日 広島きらきらぼし

広島きらきらぼし―2019年10月14日

台風が心配された日程でしたが、無事開催できました。

 3連休にもかかわらず、20組の方が参加されました。
ありがとうございました。
重症の方はおられなかったので、良かったです。

 さて、最初、「ステロイドを使わず治す」ためのポイントをお話ししました。
まず、①夜ほっとく、②自由に掻かせる、③アトピーを気にせず目を見て相手をする、の3点を、参加者の皆さんに、できているか聞いてみました。

①の「夜ほっとく」については、別室寝はゼロでした。そばで寝てもほっとくことができている方も、ほぼいなかったです。
 これが出来れば、親子ともども楽になるのにねー。寝かしつけもしなくていい。「夜は寝る時間なんだ」というしつけをすることなんです。
 夜起こされると、疲れがとれません、皮膚も連続で寝ることが皮膚の回復には不可欠です。
絵本を読んで、お休みと言って部屋を出る。簡単。
 これが出来ると、母親の自由時間ができます。今、恐らく夜ほっとくことができてない母親は、自由時間がないと思います。自分のしたいことができる時間って、貴重なんです。

② 「自由に掻かせる」、この正確な意味は、掻いている姿を見ない、優しく掻きなさい等言わない、掻いてあげない等含みます。
 これもできていない方が多かったです。
 どれだけ痒くて、どれだけ掻かないといけないかは、痒いと思っている本人しかわかりません。蚊に噛まれて、他の人に掻いてもらったりはしません。みな、自分で気持ち良く掻いています。

③ 「アトピーを見ずに目を見る」、小さな赤ちゃんでも、親がどこを見ているか、ちゃーんと分かっています。
 どうでしょうか?あなたが、あなたの親にじっと見られていると仮定してください。うれしいですか?

20組の方に、「①②③が出来なければ、治りにくい」と伝えました

 何故、このことが伝わってないんだろうか?「赤ちゃんの本」を読んでおられる方も多かったのに。歯がゆい思いです。できないと、子育てがつらい、アトピーがあると更につらくなります。親子ともども疲れてしまいます。子育てがつらいと言う間は良くなりません。
 親が楽になる=子どものアトピーは子どもに任せると楽になります。ねん出できた自分の時間に、好きなことができます

 そのあと、渡辺栄養士が紙芝居で、食べることが大事だということを、蛋白質を2割増しで食べてもらうことが大事だと話してくれました。

 質疑応答では、やはり経皮感作が、問題になりました。今、ステロイド治療派の先生方の中では「経皮感作を防ぐため」ということが、ステロイドを塗る根拠になっています。

 リーダーシップをとる高名な先生方もそう思っているかというと、風向きが変わってきています。先日の外来小児科学会年次集会では、相模原病院海老沢先生は「ステロイドを塗るだけでは、食物アレルギーは予防できない」と言われてました。(塗るのは前提になっているんですが)
 何が大切かというと「食べる」ことです。東京成育医療センターのたまごアレルギーの調査でも、「ステロイドを塗っても、除去すると38%もたまごアレルギーがあった」という事実があります。「塗って食べたほうは8%」ですから、ステロイドでは、予防できてないことが一目瞭然です。除去を勧めてきたステロイド派の先生方にとっては皮肉な結果だったわけです。「ステロイドを塗って食物アレルギーが予防できるというエビデンス」は無いはずです。
 エビデンスが無いのに、いかにも有るように、講演会等で話していることは犯罪的だと考えます。

 短時間ですが、個別相談もさせていただきました。やはり、アトピーにとらわれているご家族が多かったです。夜はほっとくことを皆さんにお願いしました。お連れ合いと意見の相違がある方もおられました。

ここへの参加がきっかけで、できればいいなー。

母乳の赤ちゃんは要注意!

母乳のあとぴっこは要注意!

以前も書きましたが、なかなかご家族に届きません。

母乳のアトピーの赤ちゃんにとっては、4か月以降が非常にしんどい状態になります。特に、重症児は、母乳にこだわると、生き死にの状態になることもありえます。
体重が小さいとか、アレルギー検査してもらおうとか、と言う理由で、近所の普通の病院を受診してしまうと、
検査の結果、体重が横ばい・減っている、低アルブミン(口からタンパク質が摂れてない)電解質バランスが崩れる(脱水のため)等になっています。
 「医療ネグレクト」と診断されてしまい、特に関東では、児童相談所に、即通報されてしまう結果になります。
児童相談所は、病院医師の言葉を信じ、場合によっては、強制的に両親から子どもを取り上げることも、今まで何人か聞いたことがあります。

佐藤小児科や、阪南中央病院皮膚科では、上記のような状態になったアトピー児についても、できるだけステロイドを塗らずに治療することを目指しています。が、中には、命の危機と言う状態になったアトピー児もいて、その場合はステロイドを使った子もいました。しかし、プロアクティブ治療はしません。1か月で終了した子もいます。やめることを前提にして治療します。数えるほどの数です、そういう子どもは。

最近は、低アルブミンでも、症状が無ければ、ミルクへ変更・離乳食を食べさせて経過をみることも多くなっています。

使いたくないステロイド。
しかし、自宅での自己治療には、落とし穴があります。

落とし穴に落ちないアトピー治療をする

 重症児は、ミルクにし、10%濃い濃度で飲ませる。
 離乳食は4か月から開始する
 体重が成長曲線内に入っているか、体重を測る
 
受診する病院を選ぶ必要がある
 
 あなたの周りの病院は、基本ステロイド治療の病院。
 良く調べてから受診する必要がある。

こだわりがあっても、こだわりを捨てることが必要な場合もある。

母乳の赤ちゃんで重症児は、注意が必要です。
周りにこういう方がおられたら、声をかけてあげて欲しいです。
こういう病院があるよと。

広島きらきらぼし 2019年10月14日(月・祝)

広島きらきらぼし 2019年10月14日(月・祝

アトピー、子供の湿疹で悩まれているお父さんお母さんのためのお話会です。

アトピーに関する情報が錯乱している中で、大阪からお二人の先生をお招きして、子供のアトピー、湿疹に対してどう向き合っていけばよいのか?食事は何に気をつけたらよいのか?などの様々な疑問を解消しつつ、学んでいただける場となっております。

大阪在住の先生方の、専門的なお話を聞くことのできるめったとない貴重な会です!ぜひご参加をお待ちしております。

■ 時間 : 2019年10月14日(月・祝) 13:30~16:30(13:00受付開始)

■ 場所 : 安佐南区民文化センター

■ 住所 : 広島市安佐南区中筋1丁目22-17

■ 参加費 : 500円 当日会場受付にてお支払い願います。

■ 定員 : 60名

■ 駐車場 : 無料駐車場あり
※他イベントが重なると駐車場が大変混みあいます。
空きがないようであれば、近隣のコインパーキングにお願いいたします。

■ 申込方法 :
・メール reiwa.atopikko_hiro@icloud.com
 アトピーっ子育児の会 代表:安部あゆみ
 題名「きらきらぼし広島申込」と入力
 ① 氏名
 ② ふりがな
 ③ 参加人数
 ④ 当日連絡可能な電話番号
 以上をご記入の上、送信お願い致します。

できるだけメールでお申し込みください。

14日ですので、まだ間に合いますよ!

ぜひご参加ください。
プロフィール

佐藤美津子

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター