FC2ブログ

選択的注目

選択的注目

昨年、早起きして、日本小児科医会の「子どもの心」研修会(導入編)に参加してきた。

そこでの白梅学園大学こども学部の福丸 由佳先生の「子どもと大人の絆を深めるプログラムCARE(Child-Adult Relationship Enhancement)を用いた関係づくり」を聴かせていただいた。

そこで「選択的注目」

昨日のブログで、パニック状態になって泣き続ける、暴れる子どものことを書きましたが、その場合にどうすればいいかという話です。

選択的注目=戦略的に注目を与えない
  ということ

この理論的根拠は
◎子どもの不適切な行動の多くは、大人の注目をひきたいから、反応をしてもらいたいから
◎なぜなら、子どもは注目されることが大好きで、それがネガティブなものでも嬉しい・・・(注目されないよりはまし)
◎一方、大人は子どもが不適切な行動をしている時こそ、注目を与えやすい。
→子どもにとっては(それがネガティブなものでも)ご褒美になり、子どもの不適切な行動を助長させてしまう

ならば・・・
⇒注目をもっと効果的に使ってみよう
だそうです。

不適切な行動を、危険で暴力的な行動かで分類し、そうでなければ、その行動には一貫して注目しない
変化が見えたら…選択的注目
危険で暴力的な行動なら、注目して行動をストップ、ストップ&指示

以前、母親に構ってもらっていた4歳の脱ステ児
アトピーサービスをやめたら、夜中に「痒い!」と絶叫。効果ないとわかると、「痛い!」と絶叫。それも効果ないとわかると、「おしっこをもらす」という行動に。これってアトピーとは全く関係ないけれど、親の注目をひく非常に有効な手段になる。
勿論、ほっといてもらいました。濡れたパンツは自分で着替えて、洗濯機に入れてもらい、新しいパンツは前もって用意しておいてもらったら、だんだんもらさなくなりました。
パニックになり泣きわめき、暴れる子どもに対しても、危険でなければ、注目を与えないということが大事だということになります。

子どもとの絆を深め、ポジティブな関係を築くためにどうするかという
日常的なCAREについては「CARE-JAPAN」を見ていただいても参考になると思います。福丸先生が代表されています。
注目をしないと言うだけではいけないということです。

楽になろうよ!

楽になろうよ!
楽になっていいんだよ!


2月24日のさかいきらきらぼし

午前の開催でしたが、6組の方が参加されました。0歳から3歳ぐらいまで。

お世話係さんも5人も来てくれました。

参加者さんの共通するところは

① 夜相手をして、親子ともども眠れてない
② 母乳中心の食事で、ご飯を食べてない
   中には、1日17回も飲ませている方も
③ 搔く手を止めている方も
   目を搔くとダメと言っている方も
④ 子どもの癇癪に振り回されている方も
⑤ 通っていた保育園を、止めてしまった方も
   保育所がストレスかなと思ったそうだ

治すためには、ステロイドを使わないだけでは治らない
上のことができないと、治らない

すこーし、子どもと距離をとろう!

子どものアトピーは、子どもに任せよう!

夜は別室、あるいは完ぺき寝たふりを
夜は寝る時間だよということを教えよう
掻くのは、どこを掻こうが気にしない。気にすればするだけ、そこを搔く
母乳は、もうやめて、同時に一人で寝かせること。だって、もう1歳だもの。
17回も飲まさず、3時間はあけて、離乳食を1日1回から、3回にする。だって、もう6か月だもの。
癇癪はね、「泣いていたらわからないから、泣き止んでなぜ泣くのか教えて」と言っても、更に泣き叫ぶ場合は、泣き止むまで相手をしない。根競べなんだよ。
いい保育所だったのに、やめて残念。
もうほんとに超重症のあとぴっこを、保育園に入所させたお世話係さんが、ちょうど参加されていて、その方に話していただいた。
子どもがいない時に、昼寝はできるし、自分の好きなことができた。お互いのストレスが減り、アトピー、2か月でつるつるになって、びっくり。

みんなの話聞いていると、楽になる方法があるのにと思う。

楽になっていいんだよ!

親が楽になったら、子どもも楽になる。

2月 さかいきらきらぼし

2019年2月さかい・きらきらぼしのお知らせ【時間にご注意】

佐藤小児科受診されてなくてもご参加可能です。
ステロイドを使いたくない、止めたいという方、大歓迎!
ぜひ仲間に!

今回はいつもの開催時間と違って午前中に行われます

ご注意下さいね。

皆様のご参加 心よりお待ちしております。



◆ 日程 ◆ 2019年(平成31年) 2月24日 日曜日
◆ 時間 ◆ 9時30分~11時30分


 ( 今回は12時までには会場をあけなくてはいけません。)
◆ 場所 ◆ 泉ヶ丘市民センター 集会室1

◆ 住所 ◆ 〒590-0115 堺市南区茶山台1丁7-1
◆ 費用 ◆ 無料

◆ 予約方法 ◆ 佐藤小児科の電話番号 072-281-0215にお電話下さい。

診察予約の電話番号ではありませんので比較的つながりやすいです。



◆ 予約期限 ◆ お申し込みは2月22日(金)までにお願いします。
尚、お申し込み者多数の場合は、
期限よりも早くにお申し込みを打ち切らせていただくこともあります。



◆ その次の開催予定 ◆

2019年6月2日 (日) 、8月25日 (日) 、11月17日 (日) が暫定です。
但し、佐藤先生も渡辺先生もお忙しいので、

日程が変更になることも考えられます。

ご了承下さい。

◆ 当日の主な内容 ◆

佐藤小児科から佐藤美津子先生
栄養士の渡辺雅美先生 にご出席頂きます。

あとぴっこへの対応や栄養相談はもちろんのこと、
色んな悩みごとを皆で輪になって話し合います。
初めての方もためらわれることなく、ぜひご参加下さいませ。
先生方のお話はもちろん参考になりますし、
仲間がいることの大切さを改めて感じる良い機会になります。

○ ご参加の方へ
部屋の利用は、基本的に飲食は禁止です。
ですがお子様連れということもありますので、お茶やお水はご自身でご持参下さい。
赤ちゃんや小さいお子様の場合にのみ、軽食は致し方ない部分があるかと思いますが、
ゴミを持ち帰ること、テーブルや汚れの片付けなどは、ご理解頂けるようよろしくお願いします。
会終了後、全員でテーブルの片付けや汚れの簡単な掃除を行ないます。
ご夫婦でいらっしゃってる方や、少し大きなお子様をお連れの方、
出来ましたらお机のお片付けなどお手伝いいただけたら幸いです。



○ 泉北高速鉄道泉ヶ丘駅から徒歩約5分の所にあります。

○ 駐車場の注意点
駐車場は泉ヶ丘市民センターの隣にある「NPCコインパーキング」です!!
泉ヶ丘市民センターの駐車場は利用することができませんのでご注意下さい。

ビッグアイとの間の空き地が図書館の駐車場になっています。
図書館利用者は1時間無料で、その後は時間に応じて料金がかかります。
駐車券を図書館の受付へ持って行って下さって、優待を受けて下さい。



HPはありませんが「泉ヶ丘市民センター」でネット検索していただくと地図など出てきます。
2Fに堺市立南図書館(旧泉が丘図書館)があります。

混んでいてここに停めれなかった場合は、
周辺の施設の駐車場にお願いします。

1. 大阪府立大型児童館ビッグバン
2. ビッグアイ

3, 泉北高島屋

4. ジョイパーク泉ヶ丘

などがあります。

不適切な民間療法での栄養障害

不適切な民間療法の結果、栄養障害を起こした2例
が、また話題になっている。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/63/3-4/63_KJ00009515210/_article/-char/ja/
のP-179

1人はプルーンエキスを塗り、内服し、過度の食事制限を行っていた。1歳8か月で歩行できず、クル病も合併。ステロイド治療。
もう1人は、プルーンサプリメントで治療し、7か月で心肺停止で死亡。

後者は、福岡の生後7か月のアトピー児が、手かざしと言う方法で治療していたが、敗血症で亡くなったという事例と共通する。
この福岡の赤ちゃんは、母乳のみで体重は4.3kgと言う低さだった。この飽食の日本で、こういう赤ちゃんがいるということが、当初、私たちには信じることができなかった。が、1歳で5kgと言う低体重のアトピー児が、2人続いた時、「こういう赤ちゃんが日本全国にいる」のではないかということを強く確信した。この福岡の赤ちゃんは、全国の児相で「虐待」として共有されている。

栄養失調状態になると、感染症に罹りやすくなる。感染症に罹っても、もともと状態が悪いからわからない。徐々に悪化していくのだが、それも分からない。福岡の赤ちゃんも、後者の赤ちゃんも、もう引き返せない事態になって、初めて気づく。

栄養失調が死亡する大きな原因だ。

私たちは、アトピーの赤ちゃんがすくすくと成長することが治癒を導くという話を、あちこちで話しているが、今もなお、こういう赤ちゃんが絶えない。

アトピーがあっても、すくすく成長する。アトピーのために成長できないわけではない。
重症児はミルクにし、10%濃い濃度で飲ませる。4か月から離乳食を開始し、5か月には3回食べさせる。

阪南中央病院に入院した4.5か月のアトピー児は、おもゆ、野菜2種類、タンパク質2種類=計200gを、1日2回完食した。

佐藤小児科から阪南中央病院に紹介した子どもで、入院後も食べず飲まずで、命にかかわる事態になり、やむなくステロイド外用を行った1歳過ぎのアトピー児がいた。Ⅳ群ステロイドを5倍に薄めて使用し、1か月で終了した。
塗る場合でも、プロアクテイブ治療はしない。

この子は2歳で体重が、3歳で身長が成長曲線に入った。昨年は1年生になった。
アトピーに悩まされずに、発達も心配ない状態だ。

命にかかわる場合は使わざるを得ない。
しかし、この子も、脱ステロイドをした時に、私たちにつながっておれば、おそらく命の危機に瀕することは無かっただろう。

「ステロイドを使いたくない」と言う親の気持ちにステロイド治療派は答えられるのか?
答えられない限り、こういう栄養失調の赤ちゃんが、感染症等で無くなる事態は、おそらく無くならないだろう。

ステロイドを使わない治療を選ぶなら、アトピー児にとって「栄養」が非常に大切だということ。

そのためには、もっともっと、広めていこう!何が大事かを!

2人の赤ちゃんのご冥福を祈る。

何故、すべての治療を放棄したのだろうか?

何故、すべての治療を放棄したのだろうか?

2000年に報告された27歳の男性

中学時代からアトピーになり、ステロイドなどで治療していたが、数年前から治療を放棄し、自宅に閉じこもっていて、ブドウ球菌感染症で亡くなられたという方である。

私が開業したのは21年前。連れ合いの皮膚科医佐藤は、名市大か伊丹の近畿中央病院か。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/skinresearch1959/42/2/42_2_148/_pdf/-char/ja

ステロイドを塗ってどういう状態だったのだろうか?
止めたら、ステロイド依存症によるリバウンドが重症だったのだろうか?
いろんな治療を試したのだろうか?

使いたくないという患者に対して「ステロイド忌避」と何故決めつけるのだろうか?
もともとは使っていた患者なんだ。
その言葉には、患者の気持ちに寄り添うという気持ちはひとかけらもない。

願わくば、皮膚科佐藤の「脱ステ・脱保湿治療」につながってくれていたらと、心の底から思う。
ご冥福を祈りたい。

このように治療を放棄し、絶望に陥る患者が出ないように、「脱ステ・脱保湿治療」を、もっともっと全国に広げよう!

プロフィール

佐藤美津子

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター