FC2ブログ

2014年3月 さかいきらきらぼしー構いすぎない別室作戦!

 2014年3月 さかいきらきらぼしー構いすぎない別室作戦!

 3月23日、幹事さんを入れて20組を超える方が集合しました。お一人、お断りした方がいらして、申し訳ありませんでした。

 初めてのあとぴっこもいました。その中で2人、気になった赤ちゃんがいました。その方たちには、阪南中央病院皮膚科への受診をお願いしました。栄養状態が悪いのではないかと思ったので、栄養状態を診ていただくためです。

 さて、今回はかなり白熱した話を聞くことが出来ました。

 表題にある「別室作戦」―これはどういうこと???

これは、夜あとぴっこには別室で寝てもらうということです。えー!という声が聞こえそうですね。

実践された方からの報告

 ご飯は問題なく食べることができるようになったが、イライラ状態が続いた。その原因は「寝ていない」ということ。母親がそばに寝るとずっと泣かれる。そこで、生活リズムをつけるために7時半に起こし、別室で寝ることに。すると、親子ともども眠れるようになった。眠れると、お互いの機嫌が良くなり、考え方がプラスに。眠れないとマイナスのことばかり考えてしまっていた。別室で寝ることで親と子の2人にメリットがあった。結局、痒みで泣いていたのではなく、甘えで泣いていた。

この方は、別室で寝かすということを以前から知っていました。

その先駆けの方の話。

 脱ステしてうつらうつらしながら、夜母乳をずっとあげていた。もう自分がおかしくなりそうだった。ミルクに替え、ベビーベッドに寝かせ隣の部屋に寝かせると、最初は1時間半泣いたが、その後寝てしまった。1週間もすると、ベッドに入ると数秒で寝ることができるようになった。夜も1回ミルクをあげると、夜中起きずに寝てくれるように。寝ると、子どもにやさしくできるようになり、また、掻いてる現場を見ていないので気持ちが楽になった。寝かすこと、掻かすこと、食べることが大切。ほっといたら寝る、掻いて気がすんだら寝る。


 ステロイドを止めてアトピーがひどくなると、もう大変です。夜も昼もあとぴっこを抱えて、母親は倒れる寸前。

 実はあとぴっこが寝ないのは、育て方にあります

 結構重症のあとぴっこでも、寝たふり作戦をすると寝てくれるので、痒みで起きているわけではありません。構ってほしいんです。母親もあとぴっこに泣かれると、どうしてもほっとけない。構ってしまうんです

そうすると、あとぴっこ育児がしんどくなってしまいます。子どもに対し、腹が立ちます。かわいいと思えなくなります。こんな気持ちになるのは当たり前です。でも、この腹立たしい、好きじゃないっていう気持ちはあとぴっこに伝わり、さらに母親に構ってもらいたいという気持ちになっていくのです

夜寝ずにあとぴっこの世話をする必要はありません

 寝たふりが出来なければ、この別室で寝るということは、いいやり方だと思います。
夜は寝る時間だよ、と子どもに教え、構わない子育てを今すぐに実践されることが、あとぴっこ育児を楽しめることにつながると思います。

 夜起きるとき、まずはおなかが空いていないかを見極めたなら、寝たふり作戦、別室で寝かすということをお勧めします。


 あとは、やはり、離乳食は遅いほうがという意見をお持ちの方もいました。

 食物アレルギーが起こりにくいという考えです。

 ピーナツアレルギーの調査では、食べさせなかったイギリスの方が食べさせたイスラエルよりも約10倍ピーナツアレルギーが多いという調査があります
 佐藤小児科では、できるだけ食べさせるようにし、またじんましん位ならすぐにごく少量から徐々に増やすというやり方で食べさせるようにしています。
 受診している患者さんの中には、たまご、牛乳、小麦はもちろん、魚もほとんど除去している方もいます。小さい時に食べさせておれば、今は何も除去せずにすんでいたのではないかとため息をつかれていました。
皮膚を治し、成長する、発達を促すためには、母乳だけでは栄養不足です。食べると皮膚が乾き良くなっていきます。

 また、6か月の赤ちゃんが、わいわいトークでおにぎりを食べたのにびっくりしたと言われた方も。それまではドロドロや柔らかいものを与えていたのです。が、子どもは固いものが欲しかったんです。目から鱗。


             次回は八尾のお祭りのため、6月15日です。

 八尾のお祭りでは、atopicが行っている日本皮膚科学会作成「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」の内容改訂要求署名活動とアトピー相談をすることにしています。手助けしていただける方がおられましたら、佐藤小児科(072-281-0215)まで連絡をお願いします。

                 幹事さん、いつもありがとうございます。

                      幹事さん、募集中!

コメントの投稿

Secre

No title

先生こんばんは!
昨日先生に娘を見て頂いたこはるママです。
いつもブログ見させていただいて励みにしています。

昨日先生にアトピーにふりまされたらあかんよ。
絶対治るから心配しなくて大丈夫やで。
って言われてすごく心が楽になりました。  

娘の肌の事でいろんな小児科、皮膚科へ行きました。
でもどの先生もステロイドを処方するだけで何の説明もなく不安でいっぱいでした。
強いステロイドでも何の説明もなく薬をもらいにいった薬剤師さんに言われました!  

アトピーのお母さんはみんな孤独で不安だと思います。
信頼できる先生に出会えて私も娘も本当によかったです。

離乳食初めてまだ少しですが今日は結構食べてくれました。嬉しかったです。
まだ肌はずるずるで掻いて血まみれになったりしますが頑張ろうと思います。
 

また二週間後お世話になります。いつもありがとうございます。

時々書き込みさせていただいております、kogaronです。いつもお世話になります。

息子は来週で2歳1ヶ月になりますが、イヤイヤ期が始まったようです。
それに加えて言葉が遅い(わんわん、と、バーイー(バイバイ)、はーいの3語)せいか気持ちを伝えられずイライラしているようで、激しく掻いて訴えてきます。
少しでも発語が多くなれば、掻いて伝えようとすることや、苛立つことも減るのでは?と主人と話しているのですが…

言葉の訓練等受けさせてみるべきでしょうか?夫婦とも「発達はこの子のペースがあるからあせらない」という方針ですが、息子のストレスが軽減されるのであれば訓練なども検討したいと思っています。

佐藤先生こんにちは。
いつも先生のブログや本を参考にさせて頂いています。
7ヶ月になる息子についてですが、生後お臍がジュクジュクしてたためステロイドを出され知らずに塗っていました。すぐに良くなりそれから塗ってなかったのですが、最近になってまたお臍がジュクジュクし膿が出て赤くなってしまいました。
4ヶ月から顔、身体に湿疹が出て藤澤皮膚科に通院しています。
以前、練馬の藤澤先生にお聞きした所綿棒でキレイにして…くらいでお臍を診る事もなく終わってしまったので今回佐藤先生にメールをさせて頂きました。
よろしくお願いします。

No title

ゆいママさん

診せていただかないと何とも言えません。
文章を読ませていただく限りは、感染しているのかなと思いますが、単に湿疹の悪化かもしれません。
できれば、藤澤先生に診ていただいていいでしょうか。

みていただくまでは、そのまま放置、消毒する、抗生物質の軟膏を塗るの3択です。

     佐藤美津子

佐藤先生

返信ありがとうございました。
ゲンタシン軟膏を塗っても大丈夫でしょうか?

土曜日に藤澤皮膚科に受診してみようと思います。

kogaronさんへ

横から失礼します。言語訓練も検討中とありますが内容はご存知でしょうか?ご存知でしたら失礼なのですが、施設では「あめんぼあかいなあいうえお!」みたいな発声練習はしません。何をするかって主に指先を使って脳を刺激します。この月齢だと、紐通し(ロープに牛乳パックを通す大きさから小さいものへ)や、棒に色の付いた輪っかを積み上げたり、ストローくらいの細さを穴に入れたり、パズルをしたりですかね。内容は遊びの中にたくさんあります。手作りでも出来ますし、知育玩具でも売っています。気軽に取り入れられると思いますよ。ご参考までに。

エエさん

ありがとうございます。ことばの発達を促す施設ではまず療法士さんとの遊びを通してコミュニケーションの楽しさを学んでいく、という風に聞いたのですが、具体的にどうするのかはわかっておらず…大変参考になりました。

絵本を読んだり、ゆっくり喋ったり話しかける量を増やしたりと工夫してみているのですが、これでいいのか?と不安に感じておりました。指先を使えるおもちゃ等、作って与えてみたいと思います。ありがとうございました。

No title

ゆいママ さん
診察していないので、ほんとに何も言えません。
三択を提示させていただきましたが、もし、mixiをされておられるなら、子どもの脱ステ・脱保湿に写真を載せられたら、たくさんの方からのコメントが寄せられると思います。が、それが正しいかは別ですので。やはり、皮膚科医や小児科医に診察していただく方がと思います。
    佐藤美津子

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして
いつも先生のブログを拝見しています。1歳8ヶ月の息子なのですが、生後6ヶ月(3月)から1歳(8月)まで顔に湿疹ができ、その際はステロイドを使わず紫雲軟、サメミロンなど保湿でなんとか乗り切りましたが、また1歳6ヶ月の2月下旬から時期的に弱い季節かなんなのか、顔に湿疹が出来始めました
なかなか治らないので、先生の本を読ませていただき、脱保湿を始めて1ヶ月ですが、顔中汁が出て、固まったと思うと掻き毟り元通り…範囲も広がり、今が生まれてきてから1番酷い状況です
ある程度掻かかせたり、砂糖をひかえたり、和食中心にしたりしてはいます
ステロイドは1度も使った事はありませんが、やはり脱保湿もリバウンドみたいな時期はあるのでしょうか

No title

ゆうままさん

なぜか、ステロイドを使っていないのに治りにくい方がいます。
何故なんだろうと思います。

もともと自然に治る病気なので、下手なことしない限り良くなるのだろうと思っています。治りにくいということは、何か治りにくくなることをしてはいないかと考えます。

子どもの場合も大人の場合も、悪化する原因はストレスみたいです。

子どものストレスってなんでしょうか。

一度、そういう観点から考えていただけませんでしょうか。

     佐藤美津子

夜間のことでアドバイス頂きたいです。

去年はお返事ありがとうございました。
あの後、阪南中央病院に行くことが
できました。

息子はその当時はとびひで
アトピーではないとの診断でしたが
3歳を過ぎた今年の2月ごろ
悪化し、かきはじめ
近所の小児科にて
アトピーと診断されました。

その後、また名古屋での
アトピッコのイベントで佐藤健二先生に見てもらう事ができ、
かきこわしがひどいところには
ガーゼを貼るように言われました。

それからは
夜何度もガーゼを交換してくれと
泣き叫んだり、体を掻いたり
を繰り返します。

ガーゼをつけないと
衣服に皮膚がくっついてしまうこと
もあり
私も夜な夜な息子に起こされては
ガーゼを交換しています。

これは
やめるべきなのでしょうか?
それとも、
ガーゼの交換はしてあげたほうが
いいのでしょうか?

お忙しい中ですが
お返事頂けたら幸いです。

よろしくお願いします。

No title

萩野さん

果てしない甘えんぼあとぴっこ育児、お疲れ様です。

結論から言うと、寝るときだけガーゼをされて、夜中は寝たふりでいかないと仕方ないですね。言い聞かせるとかもできれば。

以前、年中で受診された子どもがいました。例のごとく、夜中起こされて搔いてあげていました。やめていただいたら、今度はガーゼ攻撃です。結局、寝るときだけガーゼをして、乗り越えました。大変でしたね。下に赤ちゃんがいました。甘えたかったんやろね。

京都きらきらぼしに来られた4歳の子どもも、乾燥肌程度でしたが、親を寝かさず搔かせていました。自分で搔きというと「なんで?」 まあ、4年間サービスしてもらってきたのですからね。子どもも納得いかないやろね。やめると、寝るようになりましたが、今度は「うちわであおげ」 もう笑ってしまいますね(笑)
夜中起きるから悩まないといけなくなる。うちわがアトピーへのサービスかどうかも難しいですね。夜中起きんときと言いました。その後は不明です。この子は下に1歳の赤ちゃんがいました。甘えたかったんかなー。

朝のパジャマですが、水で濡らして脱がないと仕方ないだろうし、脱ぐのが嫌なら、パジャマやめて、服で寝かすということもありかな。そしたら、着替えなくても済むしね。

夜ほっときなさいというのは、お互いに睡眠不足になって、昼間も機嫌よく親子がおれないという点が問題なんです。夜中、ガーゼって泣く子をみると、腹が立ちます。それは子どもに伝わり、子どもは余計母親に引っ付くことで世話を求めます。
悪循環ですね。子どもに対しての自然な愛情がなくなってしまいます。

お子様に言い聞かせてはいかがですか?わかる年齢です。
昼間、目いっぱい外で遊んであげて。

        佐藤美津子

ありがとうございます

お返事本当にありがとうございます。先生のおっしゃる通り、掻かせてはいても、私も妊娠中で、次の子が産まれる前に早く治さないと…って気持ちのどこかでいつも焦りがありました。

それ以外にも先生のお返事見てまた改めて見直す機会をいただけました。絶対良くなるしって、もう少し気持ちに余裕を持って見守ります!
きっと子供には何でも伝わっているんですよね、、
本当にありがとうございました!

アドバイスありがとうございます

なかなか大阪に行けない中、佐藤先生もお忙しいところアドバイスありがとうございます。
さっそく息子に言い聞かせました。

掻くのが悪化すると腹をくくりました。
夜、何度か泣き叫びましたが、寝たフリを貫いた所
ビックリした事に、私が介抱していた時より
掻く力が優しくなっていて、服に皮膚がくっついていることもありませんでした。

まだ、1日目ですが、息子の朝の機嫌も今までとは違い、元気なようにも感じました。
そして夜つい私が息子に
声を荒げることをしなくて済みました。

今は保育園に預けているので
土日や夕ご飯を食べた後、沢山息子の相手をしてあげたいと思います。

本当にありがとうございます!
これからも
先生のブログやmixiを通じて
子育てがんばります。

先生方が脱ステロイド脱保湿という活動をしてくれていることに
深く感謝しています。


本当にありがとうございます

感染症?

4月4日に息子を診ていただいた高知の藤田です。診察していただき、焦らずゆっくり見守っていこうと心構えができました。ありがとうございました。みんながパワーをもらい、息子も次の日からハイハイをやる気がでて、今はずりバイできるようになりました。心配になったことがあり相談させて下さい。診ていただいた時は皮膚の状態もよく、その後も順調で久しぶりに二重の目まで見れていたのですが、3日前より急に悪化し頭、顔中汁だらけで厚いかさぶたがいっぱいです。顔は日に日に乾いてきてますがまだジュクジュクのとこもあり、頭はジュクジュクで浸出液がとまりません。ちょうどひどくなってきた時にかかっている小児科に行くようになっていたので、診てもらったのですが1週間前に2日ほど夜のみ発熱してたこともあり突発性湿疹かも?と言われ感染症ではないと言われました。むしろダニのせいかもと掃除徹底と言われました。息子は元気でご飯もいつもどうり食べてくれます。気候の変化とかで単に悪化したのならいいのですが、今ほどひどく後戻りしたことがないもので心配になってきました。もし感染症とかだった場合、抗生物質など飲まなくてもよくなっていきますか?もしおかまいなければお時間のあるときにでもご意見お伺いできればありがたいです。長々とすみませんでした。

No title

藤田さん

実は皮膚を診ないと何とも言えません。
できれば、佐藤小児科のファックス 072-281-0216 にあなたのメールアドレスを送ってくださいませんか?

    佐藤美津子

あと、感染症なら
細菌:ニキビみたいな小さな発疹、おできの赤ちゃん版が無いか
ヘルペス:水疱で真ん中がへこんでいる

ネットで伝染性膿痂疹、毛嚢炎
     カポジ水痘様発疹症
の画像と入れると、画像がいっぱい出ます。それと比べてもいいかも。

  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

かこさん、こんにちは

「浸出液が多い場合、入浴はどうしたらいいでしょうか?日中はガーゼで拭き取った方がいいのでしょうか?」
というご質問ですが、「あかちゃん・子どものアトピー治療」の118ページに書いてあります。「ふき取ってはいけません」お風呂でも洗い流してはいけません。

佐藤小児科に受診される方でも「赤ちゃん・・・」の本を読んでこられている方でも、「食べさせる、搔かせる、気にしない」ということができていない方が多いです。

ステロイドを使わない・止めるということは非常に大事なことですが、それだけでは駄目なんです。

あなたと同じものを噛み砕いて、あるいはスプーンでつぶして食べやすくしてあげましょう。母乳だけでは、タンパク質が不足しているので皮膚は治りにくいし、水分が多いのでじくじくします。食べだすと、乾きだします。

自由に搔かせてください。搔くのは普通のことです。かかさない努力は水泡に帰してませんか?
一日搔く姿しか、湿疹しか目に入らないという状態ではないですか?

搔きたいのに手を抑えられ、毎日気にされ、みられたら、嫌ではないでしょうか。

アトピーにとらわれない子育てが治癒に結び付きます。頑張ってください。食べて、搔かせて、気にしないーこれで大丈夫です。

体重が増えてないようなら、阪南中央病院皮膚科受診をお勧めします。

     佐藤美津子

    

お忙しい中、返答ありがとうございます!
入浴については洗い流さないようにします。
娘の湿疹が酷くなってからその事ばかり考えてしまい、夫婦共々暗くなっていました。。楽しいはずの外出もままならず、育児を心から楽しめていませんでした。これからは掻かせて、食べさせ、気にしないでいきます!本当にありがとうございました!
プロフィール

佐藤美津子

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター