FC2ブログ

2014年1月26日さかいきらきらぼしー親のぶれない姿勢が大切!

2014年1月26日さかいきらきらぼしー親のぶれない姿勢が大切!

 雨模様の中、今回は40人ぐらいの方にご参加いただきました。

 まず自己紹介から始めました。

 今回は小さな赤ちゃんが多く、今、どうするかを悩んでおられる方もいました。ステロイドを使うか使わないかを。
また、離乳食をどうするかということも心配の方が多かったです。

ネットをみると、アトピー性皮膚炎に関して様々な考えが山のようにあります。

 まず、ステロイドを塗るか塗らないかについても賛否両論強調文があります。
悩むことは良いことだと思いますが、悩み続けては結論が出ません。悩んだことを整理することが必要なのではないでしょうか。
 本当はステロイドを塗る前に整理して、使うか使わないかを判断してほしいと思います。
そのわけは、赤ちゃんの時に使った場合に、ステロイドが将来へ及ぼす影響がはっきりしないからです。たいていのあとぴっこには、考える時間の余裕があると思います。


ステロイドを使わない治療についてもほんとにいっぱいあります。

 脱ステロイド後の浸出液は、体から毒が出るのだから、毒を出すために水を1日2リットル飲む

 お風呂に何時間も入る

 たんぱく質を止めるとアトピーが良くなる

 塩素除去シャワーヘッドで塩素を除去しないといけない

 1歳まで母乳だけで良い

 早く食べさせると食物アレルギーが起こる

 アトピーは食物アレルギーだから、厳しい除去をすべき

等々

 どれを見ても心動かされます。

 しかし、それらのことはすべて先人が試したことのあること。

佐藤小児科の治療は、まったく普通の子育て。アトピーの無い子と同じように育てるということ。それでみんな、「治ってしまう」。

 ステロイドの無い時代の赤ちゃんのアトピーは皆治っていました。何百年も前からあったわけではない薬。1950年代に初めて使われだした薬です。たったの60年。
 1970年代にはステロイド依存が皮膚科医から報告され始めましたが、世の常、不都合な真実は隠されてしまいました。もしこの時、皮膚科医がきちんとステロイド依存に向き合っていたら、今の成人の治りにくいアトピーは解決していたかもしれません。

まず、ステロイドについてご家族で結論を出し、使わないと決めた場合は決心を変えないことが必要だということを先輩が強調されました。その迫力に脱帽です。


           次は3月23日です。皆様のご参加をお待ちしています。


               幹事さん、いつもありがとうございます。

                    幹事さん、募集中!

コメントの投稿

Secre

初めてまして

初めてコメントさせていただきます。
生後8ヶ月になる息子がいます!自分がステロイドの副作用で苦しんだので、息子にはステロイドを使いたくありません。生まれてから5回程顔に使用してしまいましたが…
先生の本を読み離乳食を早めるなどしたのですがなかなか状態が良くなりません。
一番ひどいのが顎です。離乳食を食べる前にワセリンを塗ったりしているのですが汁がでてガサガサの状態です。
よだれを濡れたガーゼでこまめに拭いたりしているのですが改善しません。
こまめにワセリンを塗るなどしたほうがいいのでしょうか?何か改善方法はありますか…?
生後8ヶ月になっても頭の脂漏性湿疹や膝裏の湿疹もひどく焦っております。
脱風呂をしており一ヶ月に1回程度しかお風呂に入れていません(>_<)その為顔も毎日拭くだけです。

No title

チョコさん
はじめまして

実は実際診せていただかないとはっきりしたことは言えません。ですから一般的な話として聞いていただいたらいいと思います。チョコさんのお子様の話でなく。

口の周りのかぶれにステロイドを塗って、止めたら口の周りからほっぺた全体にずるずるになったお子様がいました。最初、ご飯の前にワセリンを塗ってもらっていましたが、全然よくならず、塗るのをやめてもらいました。すると時間はかかりましたが良くなりました。

チョコさん、ですから絶対に何かをしないと治らないというものではないのだということです。
必死にならない、そこだけ見ない等が必要です。焦るとその気持ちが子どもに伝わって、子どもにもストレスを与えます。赤ちゃんの本には、自由に搔かせ、気にせずかわいがるということを書かせていただいています。それで時間とともによくなってきます。

待つということが非常に大事です。心配されずに、見守られてはいかがですか。


       佐藤美津子

ありがとうございます

お忙しい中お返事ありがとうございますm(__)m

なかなか改善しない為焦ってしまいました。子供の成長とともに治っていく事を信じて気長に待ちたいと思います。
県内にはステロイドの治療の病院しかないので福岡まで受診しにいっていますがなかなか行くことができないので先生の本がとても参考になります。
ステロイドを使わない治療ができる病院が増える事を願ってます。
息子の状態が良くなることを信じて頑張ります!ありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

卵アレルギーの小学五年生のお母様へ

結論から申しますと、佐藤小児科では入院施設はありませんので、急速経口免疫療法(入院して1か月で卵1個まで食べるようにする治療です)はしていません。

この年齢になると、食べると何か怖いという心因性の物がかなり見受けられます。多少は大丈夫そうですので、例えばハンバーグにごく少量から混ぜるとか、わからない形で量を増やすというやり方をしてもらうことが多いです。

その病院が入院治療をされているのなら、それでもいいと思います。

        佐藤美津子「



ありがとうございました!

早速お返事いただきありがとうございました。近くの病院を受診してスタートしてみたいと思います。ありがとうございました。

No title

>脱ステロイド後の浸出液は、体から毒が出るのだから、毒を出すために水を1日2リットル飲む

毒って一体なんという物質ですか?
毒の名前を教えてください。

No title

ぁんぁ さん

毒という考えは間違っているということを書いています。
民間療法の考え方です。

    佐藤美津子

No title

お返事ありがとうございます。
読み間違っていました。

佐藤先生の方針は、結局、2歳ごろまでにほとんど治るから、例え湿疹がひどかろうが、耐えて耐えて治る時期まで耐えるという方針ですよね?

No title

ぁんぁさん

あなたはアトピー患者ではないのでしょうか?あるいはあとぴっこのご家族ではないのでしょうか?

あなたの質問からは、それが良くわかりかねます。
ですので、あなたからの質問への返事は、これが最後ということにさせていただきます。

昨日の越谷での講演会でも話しましたが、「あとぴっこ育児を楽しもう」というスタンスで診療をしています。
ステロイド治療をする医師たちから「ステロイドを使わず治ったのは奇跡」と言われた方もいるぐらいに、ずるずるからつるつるになるわけですから、これこそ素晴らしいミッションだと思っています。
子育てを楽しんで楽しんで、楽をして楽をして、良くなるんですね。耐えないといけないことなんて、何もない。
ステロイドを使うべきだと考えている方たちは、そのことがわからないのだと思います。
いとも簡単に超簡単なステロイド治療をしてしまうのですから。


                          佐藤美津子

No title

子供の欲しいアトピー患者です。

『子育てを楽しんで楽しんで、楽をして楽をして、良くなるんですね。』
それは母親からの視点であって、
子供は、痒くって痒くって眠れなくって辛くって、でも親はステ嫌いで我慢しろと言わんばかりで、やっと2歳くらいになって、自然経過で良くなる時期まで耐えて、良くなってということではないのですか?


子供ができたらどうしようかと、客観的に考えてます。

先生は湿疹になったことありますか?
どれだけ痒ゆくて痒くて辛いか知っていますか?
アトピーの皮膚科医や小児科医で、脱ステ支持の先生はいますか?
湿疹が、全身に出ていて、痒くてたまらないアトピーっ子の状態を考えたら、
アトピー患者個人としては、ステロイド塗るのも理解できます。

だって、湿疹があんなに広い範囲で出てるんです。
湿疹が将来に悪影響を及ぼす可能性を否定できますか?
ステの悪影響ばかり書かれていますけど。

感情的にステ批判する人は、好きになれません。
ステパニックに陥るつもりはありません。
客観的に判断します。

それでは、さようなら。

No title

ぁんぁさん

そうなんですか。

実は私もアトピーです。眠れなかった時もありました。顔にも1年ぐらいはアトピーが出ていましたね。手がひどかった。連れ合いもアトピーです。しかし、患者でないと理解できないということは間違っています。そうだとすると、医師はすべての病気にかからないといけないということになってしまいますね。


私の考え方が親の側からというご批判ですが、親が楽になると子どもも楽になります。発達も遅れないように鍛えるようにとお願いしていますし、ご飯をたくさん食べるようにとお願いして発育にも注意を払っています。ですのでご心配はいりません。
あとぴっこが痒がっているとかわいそうだという考え方もよくある考え方ですが、自由に搔かせると案外搔きません。夜も寝ます。

アトピー患者の医師の中にも、脱ステされた方はいると聞いています。
感情的になるのは、ステロイドを塗る側だと私は思っています。親がステロイドを使いたくないというと子どもの前で怒鳴られたとよく聞きますしね。
好きか嫌いかという問題もどうでしょうか。

ぁんぁ さん、あなたが今どういう治療をされているかは知りません。それはあなたの自由です。また、あなたがご自分のお子様にステロイド治療を行うのも自由です。客観的に判断されればいいと思います。



3人の子の母です。
私も子供の頃アトピーでした。
中学高校大学時代はすっかり良くなり就職してからまた季節的に症状が出るようになりましたがステを塗っても良くならず、季節が変わると自然と湿疹が出てたり消えたりでほっといてます。(今思うと面倒くさがりが幸いして脱ステ?)

長男が生まれ、ステは嫌だなと思いつつ、きちんと塗れば怖くないという言葉を信じ、せっせと真面目にぬりました。

結局、ステを塗っても痒い。ステのランクを上げても痒い。
ヘルペスになるわ、カポジにかかるわでステロイドではどうしようもなくなり、色々調べて佐藤先生に辿りつき昨年夏に脱ステ脱保湿をしました。
小学校一年生、脱ステ2ヶ月くらいはみなさんおっしゃるように、本当に大変でした。1年生でもステロイドの怖さを知りきちんと納得し頑張ってました。

そして脱ステ脱保湿に出会ってから生まれた現在6ヶ月の3番目は一切何も塗ってません。只今、乳児湿疹?アトピー?が大爆発中ですが、長男の頃のような不安は何もありません。

薬の塗り方が悪いんじゃないか、
保湿もまめにしなきゃ、
食べ物が悪いんじゃないか、
掻かせないようにしなくちゃ、

そんな事気にしなくていい、関係ないって事を佐藤先生に教えていただき育児が楽になりました。楽しく遊んで一緒にご飯を沢山食べて日々過ごす。

先日の越谷講演では直接先生にお会いできお話もさせていただき、本当にありがとうございました。

以前もこちらのブログでも質問させて頂いたことがありますが、先生の患者ではないのに、講演会でも息子の様子や私の疑問に親切にお答えいただき本当に感謝しております。
私はステロイドを使わない選択をして良かったと思ってます。

これからも体に気を付けて、お仕事頑張って下さい。
お忙しいところ、長々と失礼致します。

1歳の息子のことでお世話になっております、kogaronです。こんばんは。

今回は予防接種のことでお尋ねしたく、書き込みします。
不活化ポリオの四回目接種の時期が来ているのですが、この注射は推奨期間内に打たなければ効果が薄れたりするのでしょうか?

三回目の接種から一年たったのでそろそろ…と思っていたのですが、上半身の湿疹がひどいのでためらっています。延ばしてもよいものなら状態が良くなるまで待つか、美津子先生にまたお目にかかってお願いしたいと考えています。

No title

山本さん

「楽しく遊んで一緒にご飯を沢山食べて日々過ごす。」

とてもうれしいです。

     佐藤美津子

No title

kogaronさん

不活化ポリオは欧米では4~5回接種されています。

アメリカ:2か月 4か月 6から18か月 4から6歳
カナダ:2か月 4か月 6か月 12から18か月 4から6歳
スエーデン:3か月 5か月 12か月 6歳
オーストラリア:2か月 4か月 6tか月 4歳

最後の接種は遅いみたいですね。

接種遅らされてもいいと思います。

    佐藤美津子

kogaronです。ご回答ありがとうございます。

肩から手にかけての湿疹が一番ひどいので、どうしようかと思っていました(接種状況について保健所から通知がきたり、確認の電話があったりするもので…)

状況を見て、打てそうなときまで待ってみます。

今5ヶ月になったばっかり

今5ヶ月になったばかりなのですが、
アトピーで阪南中央病院の佐藤先生に見て頂いてるのですが、
ステロイドを2週間ほど塗って、脱ステ、脱保湿、脱風呂して今でまだ1ヶ月くらいなのですがリンパ液?が頬っぺたから出てて止まりません。
ガーゼで保護してもすぐ掻いて剥がしてしまいます。
痒いのか今までよく寝たのに最近はすぐ起きて、朝には服も布団も手もリンパ液と血で、、やはりこのまま時が来るまで何もしない方がいいでしょうか?
何もできないのが、辛くておかしくなりそうです。

No title

陽菜ママ さん

少し、肩の力を抜いて背伸びをしてみましょう。

5か月の赤ちゃんですね。

母乳ですか?ミルクですか?離乳食は食べていますか?
あなたが心配しすぎると赤ちゃんも心配になります。

アトピーって自然に治る病気なんですが、5か月で一番大事なのは体重がきちんと増えているかということです。

阪南中央病院を受診されているのなら、心配な時は、予約日以外でも受診してもいいと思います。

     佐藤美津子

ありがとうございます

お忙しいのにお返事ありがとうございます。
陽菜を連れて出ると色々な方が可哀想とか
何でステロイド塗らないの?って言われてばかりで、私が参ってしまってました。
私がしっかりしないと陽菜が不安にならりますよね!

今5ヶ月の赤ちゃんです。
母乳のみで体重は8キロ弱です。
5ヶ月少し前から離乳食始めてるのですが、
中々リンパ液が止まらなくて、
ガーゼを貼っても貼ってもすぐとっちゃうし
中々瘡蓋が出来ず、、、
先生の本のOちゃんみたいな感じで、、
亜鉛化軟膏も塗らない方がいいんですよね?

ありがとうございます
美津子先生に言って頂けたので
予約の前に今週でも佐藤先生に見て頂きます。

No title

陽菜ママさん、かわいいでしょうね!

離乳食が増えるといいですね。増えると、カロリーやたんぱく質が多めにとれ、母乳がその分減って水分量が減ることになります。同じ味で同じものをつぶして、あるいは噛み砕いてあげてください。無理強いは禁物。

体重はしっかりあるので、焦らないでね。

きらきらぼしに参加された成人の患者さんが、小さい時にこの治療に出会えてよかったねと言われた言葉が、常に心に浮かびます。

自分の子どもだもの、他の人がどう言おうと関係ない。

お座りの練習もしてね

又々ありがとうございます

はい!陽菜めっちゃくちゃ可愛いです!\(^^)/
って親バカですみません(TT)
もぉ可愛くて可愛くて仕方ない位なのに
陽菜が痒いのや痛いの見てるのが辛くて、、

美津子先生!
朝起きたらリンパ液乾いて瘡蓋が出来て
1日様子見てましたが、ジュクジュク部分が後少しのとこまできました!!
毎日一進一退ですが、
これから焦らずどっしり構えて離乳食や育児を楽しみたいと思います!!

お忙しいのにお時間割いて頂きありがとうございます!感謝します!

悩んでいます

以前京都きらきらぼし定例会に
参加した者です。

1歳4ヶ月になる男の子がいます。
脱ステして3ヶ月になり
保湿のみで頑張っていますが
ここ最近、手の甲の痒みが
ひどくて血がでてえぐれるほど
掻きます。
やはり、止めてしまいます。
包帯もすぐにとってしまいます。
毎日が、憂鬱になり、昼間痒みがなく
元気に遊んでくれているときは
いいのですが、食事どきや
夜にはかきはじめると止まらず、
手を押さえての日々が続いています。
痒みで泣き叫ぶ姿を見ているのも
辛くて手だけでも
ステロイドで炎症を押さえて
あげたくなります。

このまま、何もせず、耐える
しかないのでしょうか?

ちなみに飲み薬は
抗アレルギー剤を飲んでます。
あまり効きませんが。

お忙しいと思いますが
宜しくお願いいたします。

No title

いちごさん、

痒みは常に問題の一つです。

きらきらぼしでもアトピーの講演会でも、「自由に搔かせることが大切」ということをお話しています。
これができないと、自然治癒の足を引っ張ることにもなるのです。

いちごさん、あなたが努力してかかさないようにしても、すきをみては搔いていませんか?
その姿をみると、とっても腹立たしい気持ちになりませんか?
中には、子どもをたたくという方もいました。

かかさないようにすればするだけ搔くので、かかしたくないというのなら、自由に搔かせるのが一番です。皆、搔くのをほっとくと、案外搔かないと言います。

以前、腕にガーゼ・包帯をして受診した10か月の赤ちゃん。それを取った途端、皮膚をつまみちぎるような搔き方で、そのうち汁まみれ、それでも書き続け血まみれになりました。それでも書き続け、1時間以上搔いていました。手を放し、にこにこしだしました。びっくりしましたねー。搔いても搔いてもずるずるになっても血まみれになっても、痛みが出ない搔き方で搔くんです、搔かせてもらってないと。にこにこは、思う存分搔ききったという満足ですね。この異常な搔き方を見てその後は自由に搔かせてくれました。

イチゴさん、搔くのはもう仕方ないとあきらめてください。すると、楽になって「耐える」必要はなくなるはずです。
しても成果がないことは止めた方がいい。又じっと見たりせずに、寝たふりをしてください。

いちごさん、必死にならないで。

     佐藤美津子

始めまして。

昨日先生の本が届き少し気持ちが楽になった松子です。
1歳8ヶ月の息子も生後1ヶ月からステロイドを使い続けていますが、数日前から亜鉛華単軟膏で様子をみています。そして両足がパンパンで内側には痛みがでてきました。触れるとかなり痛がります。そして痛みでかガクガクと震えたりします。歩き方も変です。亜鉛華単軟膏のおかげか、描いてもジュクジュクにはなっていません。ですが、皮膚は軟膏でガサガサボロボロです。
この足の腫れ、痛みはすぐに受診するべき症状でしょうか。
こわくて仕方ありません。

No title

松子さん
こんにちは。

子どもでも1年半も使い続けた場合、急にお止めになると、大人並みのリバウンドが起こることがあります。講演会でも、阪南中央病院皮膚科佐藤健二は、子どもの場合ゆっくり止めることを提案しています。

また、ご相談していただいても、診察していませんので、一般的な事しか言えません。腫れているとかの症状についてもそうです。

ご心配のようですので、阪南中央病院皮膚科受診をお勧めします。火曜・木曜の午前のみの診療です。

     佐藤美津子

お返事ありがとうございます。

確かにそうですよね。
一年半、後悔しかありませんが
必ず治ると信じて、是非皮膚科受診したいと思います。
ありがとうございます。

ありがとうございます

佐藤先生

ご返答ありがとうございます。
そうですね、痒みを押さえても
怒ってきますし、ストレスを
与えているのも分かります。
足は割りと自由にかかせるように
しています。

ただ手のひらは色んなものを
さわったりする時期なので
どうしても傷をつけたくないと
思って止めてしまいます。

血が出たあとのケアや
包帯も嫌がってはずすので
治りも悪いです。

先生のところでは
かいたあとのケアはどうされて
いるのでしょうか?

プロペトで保湿するのも
よくないので、しょうか?

No title

いちごさん

あまり心配されないほうがいいのではないでしょうか。
案外人間って強いと思います。

また、いろんなことを嫌がるのなら、何もしないというやり方がいいのかもしれません。だって、嫌がるんだから、仕方がないですね。ガーゼ保護とかはするように言っていますが、子どもがすぐとってしまうのなら仕方ないねーって言ってます。

まずは、手を抑えずに、搔かせてみられたらいかがですか。お互いのストレスが無くなって、案外搔かなくなるのでは。

     佐藤美津子

以前、アトピックのフォーラムで貨幣状湿疹について相談したものです。
ご相談以降、悪化し続けています。
平日は、保育園に行ってます。
汁は、額、目尻、脇、胸から出ています。保育園では、お友達に汁や血液が付くのを防止するため、包帯を巻いています。かくことも出来るだけ防止しています。家では、ここひと月はミトンを付けています。本人はストレスになっているかもしれません。
今朝は、食事時に震えながら食べていました。寒いのか浸出液が出ているからかわかりません。ここ最近の様子を見て、主人はステロイドを使いたいと言っています。
私もゴールが見えない今、悩んでいます。
先生のおっしゃる様に、かくことを制限しないようにすれば、当然一度は悪化すると思いますが、どれくらいの期間で回復兆候がみられるものでしょうか?
私も限界がきています。
どうかアドバイスをお願いします。

No title

natuki さん

来週にお返事書かせていただきます。今とても忙しいので、申し訳ありません。

それまでに、今までの私のブログやフォーラムへの返事、佐藤小児科のホームページをご覧になっていただけますか。

       佐藤美津子

みつこ先生こんばんは。
1歳5ヵ月の娘がいつもお世話になってます!
ふと、昨年の今ごろの事を思い出してコメントしました。

9月生まれの娘ですが、生まれて3ヶ月くらいまでは乳児湿疹程度だったのにどんどん悪化していって、親であるはずの私でさえも、びっくりして、みつこ先生の所に初めてかかりましたよね。
みつこ先生からは、まず、掻くのをとめたらダメだよー、好きなだけ掻かせてあげてー。と教えてもらいました。私は、素直に、そうしようと思いましたが、主人は、掻かせてしまうと余計に悪化するんじゃないか?となかなか受け入れられなかったみたいです。でも、とりあえず実践しました!すると、みるみる汁だらけになり、分厚くて黄色くて緑色っぽいかさぶただらけの顔になりました。それでも、かきつづける娘を見て、どんどん酷くなっていく娘を見て本当にこれでいいのかな?薬を塗った方がいいんじゃないかな?と毎日おもいました。とうとう睡眠時間が1日トータルで15分となり、私も娘も、もう限界てところまできました。それでもとにかく言われた事を一生懸命守って頑張りました。
かいてかいて、肌がずるむけでそれでもかいて…この子の身体が…つぶれてしまう…なんて思ったりもしました。
私の最終的に落ち着いた考えは、『もう、考えてもしゃーない!どんどんかけー!どんなけ掻いても、目の玉まではでてけーへんし、内臓とかまではでてけーへんやろー。骨が飛び出してくることもないやろー、そこまで人間の身体は、やわじゃない!』と本気でおもいました。そしたら、少しは楽になりました!
でも、掻かせるだけでは良くなりませんよねーー!!!
掻かせる、そして、しっかり食べさせる。しっかり遊ばせる。ですよねーー。
愛する我が子が泣き叫びのたうたまわり、痒がってる姿を見るのは誰でも辛いもんです。そんな事、みつこ先生自身もわかってくれてます。百も承知されてます。それでも、今、頑張れば必ず良くなるから!と言うてくださった事に凄く感謝しています!だって、ホントに、うちの娘、めちゃめちゃよくなりましたもん。
小さいときの記憶って、覚えてませんから(これは、私自身の実体験です)小さければ小さいうちに、頑張れば、あとが楽ですよね。子供自身は、泣いて叫んでのたうちまわりますが、恐らく、もう覚えてません。それを見ている親がどこまで頑張れるかにかかってますよねー?!子供の治癒力って、大人が思ってるよりもはるかにはるかに凄いですもんね。薬を使いたければ使えばいいと思うけど、それこそ、子供が大きくなった時に、『お母さん、もう薬、効かなくなったよー、薬やめたい』と、もし、もし、言われたら…
私なら、きっと後悔しそうです。小さい時にやめておけば良かったって。大きくなると、痛みもはっきりわかるし、記憶としても残るし、周りからの目も気づくやろうし…。良いことないような気がするなぁ。。と勝手に思いました。
赤ちゃんの時も、辛いですけど、結局は、親がどこまで頑張れるか…の気がします。。
私も、いつになったら良くなるのか?全く良くなる気配がなくて、むしろ酷くなっていくばっかりで、いつ?いつ?いつ?とすがる気持ちで、とにかくいつ?誰か教えて!!とずーーっと思ってました(笑)

1歳には、よくなってるんじゃないかな?と言われたら、『ないかな?』の『?』の部分は、勝手に消去してて、よくなる!!と思い込んで、一歳になっても良くならなかったりした時に、めちゃくちゃ落ち込みそうだったので、とにかく、毎日毎日を必死で過ごしましたー!!
もう二度と戻りたくないですけど(笑)
先生の言う通り、信じて頑張って、良かったです!ホントにありがとうございました!

No title

みやさん

コメントありがとうございます。

ほんとに大変だったねー。
良く頑張ったなーと思います。
いろんなことも、今思い出すと、懐かしい記憶かも。

     佐藤美津子

No title

natuki さん、おはようございます。

みやさんのコメントに、natuki への私の回答があります。

natuki さんのコメントを見て、つらいなーと思いました。natuki さんもつらいし、お子様もつらい。朝が明けなければというお気持ちだと思います。また、夜が来なければというお気持ちかもしれません。

成人アトピー患者さんが、きらきらぼしで「あなたたちは早くこの治療に巡り合ってよかった」と言われる言葉をいつも思い起こしています。たくさんの赤ちゃん・子どもがこの道を選び、ゴールに達しています。ですから、必ず、出口はあるのです。

「搔かす」ことは、非常に大事なことです。かかさないようにすればするほど、その努力は報われるどころか、逆に強い力で搔くようになってしまいます。

そのためには、保育園の対応が一番問題があるのかと思います。今まで、脱ステしてずるずるになったあとぴっこを嫌がらずに受け入れてくださった保育園もあります。以前、兵庫のきらきらぼしに来られた方、顔が腫れあがった血まみれの姿に驚き、この状態で保育園に行っていると聞きさらに驚きました。すると、このあとぴっこは、阪南中央病院皮膚科を受診されており、そこから保育所で普通の子として保育するようにと手紙を書いてもらっていました。

一度、阪南中央病院受診を考えられてはいかがでしょうか。(佐藤小児科は予約となっていますので、申し訳ない)

さあ、思い切って手袋を止めましょう。蚊に噛まれた時に手袋して搔きたいとはどなたも思わないでしょう。

お子様のアトピー、これでいいと思ってください。もちろんもっと良くなってほしいという気持ちはご両親の願いです。
でも、これでは駄目だと思う気持ちはお子様にはとても悲しいことでしょうし、natuki さんにとっても悲しいことではないでしょうか。

自由に搔かしてどのぐらいで治るかというご質問は、すべての状況を把握していないのではっきりしたお返事はできかねます。

      佐藤美津子

No title

初めまして。息子は現在1歳6ヶ月で生後6ヶ月からステロイドを6ヶ月使用し、
1歳で脱ステ開始、最初の2ヶ月程は調子が良かったのですが、現在は悪化の一途をたどっています。
普段は通える範囲にある脱ステ医に定期的に通っておりますが、どうしても不安だったので先日阪南中央病院で診察を受けてきました。診断はヘルペスにかかっていたとの事。定期的に通っていたのに見逃されたこともショックでしたが、主人にもとても責められました。主人はステロイドの危険性を理解してくれてはいますが、ステロイドを使って治った人もいるのにどうして固執するのか、そして感染症や眼の合併症のリスクがあることに対してこれも見逃されて万一の事が起きた場合どうするのだと言われました。
それに関しては私もとても怖いです。恐らく他のお母様方も同じだと思うので、
以前に話題になっているかもしれませんが、うまく探せなかったのですみませんが
美津子先生のお考えをお聞かせ頂けないでしょうか。

ご無沙汰しております。

昨年の六月頃に二歳の息子のアトピーで相談させて頂いた札幌のそうまママです。
昨年11月に二人目の出産をして、その直後から治ってた二歳の息子のアトピーが口周り、首に出ましてまたかぁ、とがっかりしてしまいました。
しかし、また同じようにあまり心配し過ぎず手作りのご飯を食べ、遊び、寝るの繰り返しでまた少しずつアトピーが治りました。乾燥で痒がっているのでお風呂を週一にしワセリンを少し塗ってあげると本人も楽そうでした。
4ヶ月の次男も今のところアトピーはまだあまりせんがこれから出てきても慌てず長男と同じように育てていきたいと思います。
ステを使う、使わない、親には選択する権利がありますが、私は先生を信じ、息子の持ってる治癒力を信じ、ステを使わない治療をしたことを自信を持ってよかったと思います。親も子もたくさん泣きましたが、これからも色々な困難が起こっても乗り越える自信になりました。
先生にありがとうございますとお伝えしたくて長くなりましたがメールしました。またいつか悩んだらメールさせて下さい。忙しいのにお読み頂きありがとうございました。

No title

そうまママさん

この季節によくなってこられたんですね。
札幌と聞くだけで、「さぶ~」と思ってしまいます。

「あまり心配し過ぎず手作りのご飯を食べ、遊び、寝るの繰り返し」 これが大切なんです。

励みになります。ありがとうございます。

   佐藤美津子

No title

しろさん、はじめまして!

ヘルペスだったんですか。感染症にかかると一気に悪化する方が多いです。

私は皮膚科泉門でないので、分かりにくい時は、阪南中央病院に紹介します。
ヘルペスは難しい時もあります。はっきり、真ん中がへこむ水疱があれば診断はたやすいですが、判然としない場合もあります。阪南皮膚科の佐藤によると、ウイルスが変化しているのではないかと言っています。また、抗ウイルス剤は5日しか出せないのですが、5日では治りにくいウイルスになっていると、臨床の視点から言っています。

ですから、その脱ステ医の診る目が問われるということになります。

まあでも、ヘルペスかと思えば、受診されればいいのではないかなと。熱が出ない状態なら、心配しなくていいと思います。

感染症一般ですが、よく皮膚から菌が入って死ぬと、ステロイド治療する先生たちから脅かされます。
先日、成育医療センターに感染症で入院した4.5か月の赤ちゃんも散々脅かされました。が、この子の場合、皮膚から入ったということを証明できませんでした。感染症もセンターの適切な治療で治りましたが、過剰輸液のための低アルブミンで、阪南に転院する道中で、感染症で死にはしないかと成育の先生方は心配されてました。
もちろん、大丈夫だったんですが。

実は感染症にかかった時に亡くなる原因は、全身状態と受診の遅れにあります。

福岡で7か月の赤ちゃんが浄霊という手かざしの治療を受けていて、感染症で亡くなってしまいました。この子は7か月だったのですが、4.3kgしか体重がありませんでした。おそらく母乳しか飲ませていなかったのでは、そして母乳は不足しています。低栄養状態、脱水もあったでしょう。しかも、受診が遅れてしまったのだと思います。

しかし、このような状態の悪い赤ちゃんでも、受診が早ければ、助かった可能性は大きいのではと、残念でなりません。どこの病院へ行っても、ステロイドを強要されるわけです。もし、使わない治療を受け入れてくれるなら、受診をためらわないご家族が増えるのではないでしょうか。この責任は、ステロイド被害に目を向けないステロイド治療する側にあると考えています。

目の件も心配ですね。

思春期での白内障・網膜剥離は、顔面を叩くために起こります。外傷性の物です。
搔くと悪化するので叩く方がいいと思ってしまうのでしょうね。
実は逆なんです・

脱ステして、目の周りがもうひどくて、夜搔いてる音が「ばりばり」でなく、「ぐっちゃぐっちゃ」という音。搔いたらダメと母親は言ってました。なかなか、子どものアトピーを許せなかったんですね。3歳ぐらいになって「阪南の佐藤先生も佐藤小児科の佐藤先生も搔いていいと言ってる」ということが親に向かって言えるようになり、良くなっていきました。

目は子どもではあまり心配ないみたいです。今まで白内障になった子を見たことがないです。
大人になってから脱ステをするほうが、余計心配なのではないでしょうか。

ステロイドを塗って治った人もいるでしょうが、 しろさんの場合は、塗っても治らなかったのではないのではないのでしょうか?

十分、お連れ合いと話をされることが大切だと思います。
阪南受診には一緒に行かれなかったのでしょうか?お二人の意見が異なると、お子様は不安です。

    佐藤美津子

お忙しい中、丁寧なお返事ありがとうございます。

ステロイドを使っていた期間は、ガイドラインに沿ってノートをつけながら使っていましたが、あっちが治ったらこっちが再発しての繰り返しでした。ステロイドは効かなかったという事ですよね。

お医者様にもあまり診てもらえなくて、このままでいいのか不安に思って調べていたら脱ステ、脱保湿というのを知りました。私には知識がなく最初の段階で使わないという選択はできませんでした。本当に悔しく、息子に申し訳ない気持ちです。

ヘルペスにしても感染症にしても素人では判断できませんので、悪化した時など近くではない脱ステ医にも通っていたのですが今回の件。
目にしても本人が自己申告できないので、見過ごしてしまうのではないかととても不安で、気持ちがブレてしまいました。

でも今回のお返事を見て安心しました。
私も美津子先生を信じて良かった!と言える日が来るまで頑張ろうと思います。

主人も大阪には同行してくれました。育児も手伝ってくれています。毎朝毎晩痒がる様子や笑顔が少なくなった息子を見て、彼も辛いのだと思います。まだわからない将来の事よりも、いま楽にさせてあげたいと思っているのだと思います。
こちらを彼に見せて、話し合いをしたいと思います。

この度はお時間を頂きまして、本当にありがとうございました。
こちらのブログにはいつも励まされています。これからもよろしくお願いします。

No title

しろさん

お返事ありがとうございます。

自由に搔かせ、気にせずかわいがるーをしていただければ、きっと笑顔が戻るでしょう。
夜痒がるのも、寝たふり作戦で。

心配そうな目で、湿疹を、搔く姿をみないようにね。

     佐藤美津子

プロフィール

佐藤美津子

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター