FC2ブログ

良くなってるよ!感染症は?アレルギー説は? 第4回兵庫きらきらぼし 2012年5月27日

第4回兵庫きらきらぼし 2012年5月27日

 気持ちの良い日曜日、12組のあとぴっ子たちが集合しました。
広島からの方は残念調子が悪くて来れなかったようです。またの機会に是非ご参加ください。

 リピーターもおられて、前回より良くなっている姿をみるとうれしいですね。

今回は自己紹介の後、質問を受け、その後0歳と1歳以上で話し合いました。

細菌感染症にしょっちゅう罹っているが、どうすればいいかという切実な質問。

 確かに当院でも治ったーと思った瞬間また感染症!湿疹は悪くなるから気になりますね。早めに抗生物質を飲む、保湿OKなら、抗生物質を塗る。この対処でなんとなく(これでは回答になってない?)出なくなっていきます。あまり心配しなくても大丈夫ということです。感染がしょっちゅう起こる時は、入浴日には石鹸で洗ったり、石鹸だとかさかさがひどくなる場合はお湯で丁寧に洗ったり、試行錯誤です。標準治療医はよく言います、「ステロイドを塗らないと感染症になるよ」と。皆さんもこう言われて脅かされたと思います。じゃー、ステロイドを塗ったら感染症にはならないの?と聞きたくなります、答えはNOです、もちろん!

新居に引っ越しした後アトピーが発症したのだがという質問。

 今はシックハウスの原因物質はかなり規制されていますが、もしかしたら微量でも影響を与えたか、あるいは引越しというストレスとか他の要素もあるかもしれないです。でも、原因は何かと考えるより、今からどうするかということだと思います。


除去を続ける中で、食べることに関してこだわってしまう子どもがいました。

 当院に受診される方の中にも同じような方がいらっしゃいます。とにかく子どもが自分で食べないと決めてしまっているのです。中には極端な食内容の子も。
 このような事態にならないためには、アトピーがあるからという理由でのアレルギー検査はせずに、反応をみながら増やすというやり方で食べさせていき、又蕁麻疹ぐらいなら0歳の時点で少量から徐々に増やしていって食べることができるようにしていくことが大切だと思います。
 0歳の時になんでも食べさせてみるということは子どもにとっては大切です。しかし、こだわってしまった場合は、大きくなるにつれ親が説得すれば聞くようになると思うし、反応が出ない分は分からない方法で食べさせていくことしかないのかも。
 アレルギー検査の弊害が子どもの食に非常に悪影響を与えていると思います。アトピーはアレルギーとは無関係ですので、アレルギー検査はする意味がありません。当院ではしていません。それで困ることは何もありません。
 乳児期の栄養の問題については、大阪堺のきらきらぼしの報告でも書きましたが、栄養の問題は幼児期、小学生でも栄養が大きな意味を持っています。
 最近受診したステロイド不使用の幼児ですが、アトピーが悪くなってしまいました。うーんと言いたくなるほどの悪化です。聞くと、遊んでいない、母親の後ろをついてぐずぐず言いながら搔いている状態。他院を受診した時に貧血を指摘され、その検査も兼ねて血液検査をすると、低蛋白、低アルブミンが判明しました。聞くと食生活の問題が分かってきました。朝食での蛋白質不足、保育所から帰宅後お菓子を与えている。ここを改善してもらうようにお願いしました。
 随分前に小学生で脱ステした子どもは、母親に食へのこだわりがあり、蛋白質は大豆中心で皮膚は悪い状態でした。定期的な受診はありませんでしたが、予防接種で何年後かに受診した時には、もうなんでも食べさせておられました。皮膚は乾燥していましたが以前よりもぐんと良くなっていました。食べることは本当に大切だということが心に響きます。もっともっと伝えなくてはと思います。

 ステロイドを使いさえしなければいいということではなく、食生活、日常の生活も治すためには大事だということです

 最後に皆さんメルアドの交換です。これからお友達になってくださいね。

         次回は7月29日です。皆様のご参加お待ちしています。

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました!

沖縄のこうきです!
先日は、お電話いただき、本当にありがとうございました!
留守電聞きました!
感動して主人にも聞かせました!

以前、相談させていただいた子は、1月生まれで明日、5ヶ月になります。
2ヶ月頃から湿疹が出始め、しばらくすると、ズルズル肌になりました。
完全母乳で、体重は順調に増えていましたが、4ヶ月に入った頃から1日二回、ミルクを100ccあけていますが、飲まないことも多いです。
ちなみに体重は、7300gです。


前回、相談させてもらったあと、すぐに病院へ行き、コウセイザイの飲み薬と軟膏をもらい、その後、首のぬるぬると、ボコボコした黄色の湿疹はなくなりました\(^o^)/

今の状態は、顔、肘、膝の裏、手首、足首に湿疹があるのは変わらないのですが、汁の出方が変わってきている気がします。
前までは、汁が多く、かさぶたも分厚かったのですが、今は、ムチャムチャした汁が出て、かさぶたも薄くなりました。
布団も、服も、汁や血で汚れなくなりました。\(^o^)/

このまま良くなってくれたらと願うばかりです。


先日、健診があったのですが、やっぱりステロイドを使うことをすすめられました。

確かに見た目は可哀想だけど、何より親の私たちが一番、この子に対して申し訳なく、どうすれば早く良くなるだろうかと考えない日はありません。

だけど、心を強く持って、この子の自然治癒力と、佐藤先生を信じて、笑顔で頑張ります!


留守電での先生のお言葉、本当に心強かったです。
とても近くに感じました☆

本当にお忙しい中、気にかけていただき、心から感謝しています。


また、不安になったら、助けて下さい(>_<)
ブログも楽しく読ませていただいています☆


佐藤先生に感謝!
アトピーの子を持って感謝!


沖縄のこうきくんへ

沖縄のこうきくん
 体重がそれだけあるのなら大丈夫かと。皮膚の状態は良くなっていると思います。
5カ月なので、離乳食を始めましょう。あなたたちが食べているとじっと見ているのでは?あなたたちと同じものを、食べやすい柔らかさであげてください。味を薄める必要はありません。赤ちゃんの消化管・肝臓・腎臓は大丈夫です。6か月でご飯を少し柔らかくしたのを食べた赤ちゃんもいますので。8ヶ月半の赤ちゃんはうどん一玉食べるそうです。ご飯を食べると母乳が減って自然に水分量が減って更に皮膚は乾いてきます。カロリーも増えます。体重が横ばいになった赤ちゃんは、1日3回ご飯を食べさせてくれました、5カ月でした。
皆、食べると良くなったと言います。アレルギーもご心配かと思いますが、お米豆腐白身魚鶏ささみでアレルギーが起こった子は私の所ではいません。
あとは寝返りやお座りの練習もさせてください。楽しいですよ、赤ちゃんが一つ一つできるようになっていくのをみるのは。
沖縄のこうきくん、がんばれー!

         佐藤小児科   佐藤美津子


返事ありがとうございました。

先日は、またまたお忙しい中、あさ一番でコメントをいただき、本当にありがとうございました!!
とても嬉しく、主人と一緒に読ませていただきました。
うちには、三人の子供がおり(女の子五歳、男の子二歳、男の子五ヶ月)ドッタンバッタンな毎日です(笑)
一ヶ月ちょっと前、佐藤先生の本を購入し、色々と試してきました。
中でも、お風呂にあまり入らなくて良い・・・というのは驚きでした。

産婦人科での健診では、湿疹が出ているのを見て、お医者さんからも、看護師長からも、かわいそうに・・・誰がお風呂に入れてるの??と言われました。
だから、私のお風呂の入れ方が間違っていて、湿疹があることはかわいそうなことだと思っていました。
現に、うちの子以外はみんなツルツルお肌だったので、余計にへこみ、一日二回、石鹸を泡立てて、一生懸命お風呂に入れました。
湿疹があるだけで、不潔に見たれるのもすごく嫌でした。

でも治ることはありませんでした。

佐藤先生の本を読んで,汁を流さないこと、乾燥させることが、こんなに大切だったのかと・・・
あと、ちょっとやそっと、風呂に入らなくても平気なんだなと・・・(笑)


こんな細やかなアドバイス、誰もしてくれませんでした。

つづく・・・

返事ありがとうございました。

正しい情報を提供してくれるお医者さんが増えてくれるのを願うばかりです。
でも、お医者さんだって人間だし、分からないことだってたくさんあると思います。
私たち親が、家庭で見直せる所は見直さなきゃなと反省しました。

離乳食も始めていましたが、これから離乳食を進めていくように頑張ります!!
上の子たちと同じものをあげても大丈夫であれば、楽に楽しく進めていけそうです!

佐藤先生と出会い、ため息をつくことも少なくなりました。
なぜ??なぜ??と考えるより、笑って向き合おうとおもいます。
母が笑顔でなくちゃね!!

アトピーは、ステロイドを塗らなくても治ることを私たちが実践して、小児科の先生方に証明できたら・・・と楽しみにしています。
どうか、見守ってて下さいね。

佐藤先生も、毎日本当に御多忙かと思いますが、お身体には気をつけて、これからも、毎日を楽しんでくださいね。

また、近況を報告させて下さい。
感謝しています。

久しぶりに晴れて気持ちの良い沖縄より・・・
プロフィール

佐藤美津子

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター