アトピー性皮膚炎 ステロイドより非ステロイド治療が良さそう!

第156回阪南中央病院健康教室

アトピー性皮膚炎
 ステロイドより非ステロイド治療が良さそう!


 日時:2016年7月30日(土)  14時から(受付13時半から)

 講師:佐藤健二(皮膚科部長)

 場所:阪南中央病院2回講義室

 無料

お問い合わせ:072-333-2100 阪南中央病院総務課まで

アトピー性皮膚炎の治療ではステロイド外用治療が第一選択として推奨されています。
隠れた炎症を抑えなければならないとい理由で皮疹のない部位にまでステロイド外用剤が勧められています。
しかし当院も参加した6か月の非ステロイド前向き治療研究の成績は、ステロイド外用治療より良さそうな結果でした。
この結果をお示しするとともに非ステロイド治療の理論と実際をお話しいたします。

ぜひ最新の非ステ治療を聴いてください!

コメントの投稿

Secre

No title

佐藤先生こんにちは。
著書を注文して数週間、まだ届きません。笑。書店よりネットの方が早かったかもしれませんね。
お料理の本は先に届き、酢の物毎日、から始めています。

ぐちょぐちょだった、膝裏や肘内は、5月に比べて強くなり、多少切れるもののあれだけ掻いても、血も浸出液も出ていない、肌の色も所々普通に戻ってきた、という感じです。

6月は水ぼうそう、とびひ、あせも、と続き、小児科からステロイド入りのあせもの薬を出されてしまいました。去年の日記を読み返し、リスタミンと馬油で改善していたので、今試しています。
佐藤先生でもあせもにはお薬は出すのでしょうか。
小児科の先生はアレロックをすごく押してきて、眠気と満腹中枢がおかしくなるのが分かるし、何より飲んでも飲まなくても、痒がる頻度も長さも一緒なので、飲ませていないのですが。
わくい先生の所はいざという時遠いので、小児科に行ったついでに、あせも位なら見てもらうという感じです。

きらきらぼし体験記を水ぼうそうさせていただいてはいますが、早く著書を読ませていただきたい、そんな気分です。。。
プロフィール

佐藤美津子

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター