FC2ブログ

ステロイド「使いたくない」患者-子どもで71%!

ステロイド「使いたくない」患者-子どもで71%!

  2014年2~3月、アレルギー疾患の治療実態について医師・患者両面から大規模調査を厚労科研・アレルギー疾患対策の均てん化に関する研究班が行いました。    http://reports.qlifepro.com/allergy2014/dermatitis/
 有効回答は医師1052人(15%)、患者8240人でした。

 すると、ステロイドを「使いたくない」患者が多数派で、患者の65%:成人で59%、小児で71%の方が「使いたくない」という結果でした

 以下が結果です。

①いまだにステロイド「使いたくない」患者が多数派

診療ガイドラインでは、皮膚症状の程度に応じた適切なランクと使用量を具体的に示して、ステロイド外用剤の使用を推奨しています。症状がある場合には、ステロイド外用剤による治療が必要です。
ところが実態(※)は、患者の65%(成人で59%、小児で71%)が、ステロイドを「使いたくない/どちらかというと使いたくない」としています。

②外用剤を「できるだけ薄くのばす」方がよいとの誤解が多い

診療ガイドラインでは、これを推奨していません。なぜなら外用剤は治療段階に応じて適切な量を使用することが重要であり、「できるだけ薄くのばそう」とするのは使用量が減ったり変動するため、望ましくありません。
ところが実態(※)は、医師の23%がステロイド薬を「できるだけ薄くのばして塗るよう指導」し、患者の56%も医師からそのように指導されていると回答しています。

③1割が「入浴時の石けん不使用」

診療ガイドラインでは、石けんの使用が皮膚症状を悪化させるとは考えておらず、標準的には石けん使用を禁止していません。
ところが実態(※)は、医師の8%が「入浴時の石鹸使用は皮膚を悪化させるので禁止」しており、患者の12%(成人で12%、小児で12%)も「入浴時に石けんを使用しない」よう主治医から指導を受けているようです。ただし成人の29%、小児の33%は、診療ガイドライン通り「石けんを使用する」よう指導されています。


 この結果をみて、ステロイド治療する医師は「バイアスがかかっている」と言っています。ネットでのアンケートなので確かにその通りです。
 しかし、どういう患者がこれに回答したかを考えると、ステロイド治療する医師たちから、あるいはステロイドを推奨する患者団体から情報を得た患者たちと考えるのが普通ではないでしょうか。研究班は実際アンケート結果をみて恐らくこんな結果になるとは思っていなかったのではないのではと思います。

 それではこの研究班の構成をみてみます。

 この研究班には、成育医療センターから4人の医師・研究員、相模原病院から3人の医師、その他の病院等から3人の医師が参加しています。これらの諸先生方は、勿論ステロイド治療最先端の先生方だということは言わずもがなでしょう。

 患者代表として、日本患者会情報センター代表 栗山真理子さんが入っておられます。http://www.kanjyakai.net/about/guide.html をみると、「東京大学医療政策人材養成講座1期生有志が中心となり立ち上げた」と書かれています。しかし、研究・活動実績は2007年10月~以降記載はありません。日本患者会情報センターニュースも2013/2/20以降ありません。どういう活動をしているのでしょうか?2年半も活動報告を出していない患者団体だということです。
 更に、栗山さんはNPO法人アラジーポット専務理事をされています。2人の子どもにアレルギー疾患があったことから、学校でのアレルギーの正しい理解のための社会基盤の整備を目指し2002年にアラジーポットを設立したと記載され、同時に、国立成育医療研究センターでは患者の立場で共同研究員となっています。アラジーポットと検索するとhttp://www.jaanet.org/patient/meet/日本アレルギー協会が出てきました。この中では7つの患者会が紹介されています。アラジーポットもそのうちの一つです。すべての患者会が、ガイドラインを広めるという患者会です。

 アンケートに受診している病院の記載欄があれば、もっとはっきりわかったのではないでしょうか。

結論はステロイドは支持されていない治療だと言えます。

 そうすると次に考えるべきことは、今の治療法が受け入れられないのは何故かという問いだと思います。

 最近は、マスコミも一丸となって標準治療の宣伝に明け暮れているのは周知の事実です。今から20年以上も前の久米宏のニュースステーションの話など、今の患者たちは知りもしない。日本全国での講演会も、メーカーがお金を出している場合も多々あるわけですが、「1FTUを手のひら2枚分」「ティッシュを張り付けて落ちないぐらいにたっぷりと」を宣伝しているのにもかかわらず、使いたくないという患者が多いのは何故か?ということを真摯に考える必要があるということです。

 2番目の塗り方の問題ですが、8月の外来小児科学会での一般演題で成育の先生が、患者のステロイドに対する不安度調査をしたという報告をされました。不安の中身は「副作用」と「塗りすぎているのではないか」ということだそうです。(この件は改めて報告します)

 1日3回この塗り方で塗ると、3~6か月の赤ちゃんなら(全身に塗る―湿疹が出てないところにも) 1回3g1日9g 1週間だと63gという途方もない量になります。5gのチューブを12~3本、1週間で使うという塗り方です。1か月塗ると50本になります。大きい子なら、もっとたくさんのステロイドが必要です。日本全国たくさんのステロイドが処方されると、どこに利益が入るか?

 1か月ぐらいしか塗ってないのに止めたら悪化する赤ちゃんを診ていると、ステロイドの副作用が出ない素晴らしい塗り方なのかと心配になります。

 3番目の「入浴時の石鹸不使用」ですが、ステロイドを使う場合はしっかり洗って汚れを取り、その上からステロイドを塗るというのが恐らく正解でしょう。

 しかし、ステロイドを塗らない治療をする場合は、皮脂を落とさない、かさぶたを落とさないことが重要なんです。
 
 その点に違いがあります

 お風呂も毎日入り、石鹸できれいに洗うということが始まったのは、内風呂ができてからです。それまではお風呂屋さんへ行っていました、お金を持って。毎日行きません。人類の歴史を考えても、今の事態はもしかしたら異常な事態なのかもしれません。お風呂に入らず、石鹸も使わないという環境になじんだ皮膚にとって

 さらに最近は医師の間でも、石鹸を使わない洗い方を患者に勧める先生も目立つようになっています。

コメントの投稿

Secre

No title

ハーゼさん

以下のアドレスに写真送ってください。

horiage123.satou.p.c@polka.ocn.ne.jp

お待ちしています。

    佐藤小児科   佐藤美津子

No title

ハーゼさんから、以下のコメントをもらったのですが、うっかり消してしまいました。


名前:ハーゼ
タイトル:2歳の娘のアトピー、滲出液について
ホスト:109.78.88.89
********************
佐藤先生、こんにちは

私は現在海外に住んでおり、アトピーの娘がいる者です。
本当はすぐにでも先生に診てもらいたいのですが来年までは動けず、こちらで相談をさせてください!

娘は10ヶ月頃から、手の甲、オデコに湿疹があり
今年1月(娘1歳の頃)こちらの大学病院でアトピーとの診断を受けました。
お医者さんからは、ステロイドと多量の保湿剤でこの子の肌を守ってやらないといけないと言われ
1月から週に3回朝晩2回のステロイド治療が始まりました。
途中見せに行った時には湿疹が増えており、でも軽度のものだからそのまま湿疹のところにステロイドを塗るように
言われ疑問に思いながらも週に3回のステロイドをやめると赤くなってしまう肌を見るのが嫌で
7ヶ月が過ぎました。
結果両手の甲、オデコのみの3ヶ所の湿疹が7ヶ月で30ヶ所以上に増え、
ステロイドを塗るときはまるで耳なし芳一のように全身塗りたくり。初めの時から6倍も7倍も量が増えていました。
頬にも湿疹が現れました。
今処方されている1番弱いステロイドの説明書には顔には塗ってはいけないと書いてあるのに
お医者さんには顔に塗ってもいいと言われ、
塗って綺麗になってもまた塗ってない期間に顔に湿疹が現れる。
しかも食事や保湿をどんなに頑張ってもかゆいときは掻いていますし、掻き傷ができたら
ステロイドで免疫を抑えているから、傷の治りも通常の3倍くらいかかっていました。

そして今回脱ステロイドに踏みきりました。
足は脱ステロイドから2ヶ月半
腕は脱ステロイドから1ヶ月半経ちました。
現在足は滲出液→真っ赤になる→ガサガサな肌と掻いて血を出しながらも過程を踏んできました。
手はまだ赤い状態です。
そして今、今まで湿疹のなかった頬全体、耳の下、首にも湿疹が広がり
両耳の下、そして1ヶ所太股から透明な汁が出続けています。

大学病院では
脱ステロイドをする私を無責任な母親とたしなめられ
ステロイドなしの薬を、とこちらが頼んでも
自分の手法の中にはないと、ステロイド、プロトピック入りの薬の処方しかしてくれませんでした。

この透明な滲出液については
わたしは一体どう対処していけばいいのでしょうか?
放っておいていいのか、でもその医者が言っていたMRSA等になったらどうするんだというのも気になります。
また、有効な抗生剤等の名前があったらそれを出してくださいと言えるので教えていただきたいです。


正直言ってこちらの医療システムは良いものとは言えず、ステロイド治療をしない皮膚科医をみつけられそうもありません。
掛かりつけの町医者に行っても、大学病院ではなんと言われた?あの先生はエキスパートだから
と私が説得されてしまう始末です。

ステロイドを使いたくはありません!ただ、感染症に関しての知識が素人の私が判断するのはとても不安で力を貸していただきたいのです。
もし画像が必要でしたら送ります。

お忙しいところ本当に申し訳ないですがお返事お待ちしています。

咳ぜんそく

お忙しいところすみません。
一カ月前に風邪をひいてから咳がとまらず肋骨に痛みも出だし、フスタゾールを飲んでいましたが効果なく、本日呼吸器内科を受診し呼気NO測定の結果105で咳ぜんそくと診断されました。
調べてみても吸入薬のことしか書いてないので、最後に美津子先生にお聞きしたく質問させていただきました。咳ぜんそくはステ吸入致し方ないことでしょうか。

No title

Tさん

喘息についてですが、前の「交流会」のところの質問も同じような内容で、そこを見てください。

結論から言うと、吸入ステロイド以外の薬もたくさんあると思います。焦られる必要はありません。

テオドール100 4錠 朝夕2錠ずつ
キプレス又はシングレア10mg夜
インタール吸入薬、1日4回
   発作時ここにメプチンまたはベネトリン吸入薬を入れる

生活環境の整備
 タバコ
 じゅうたん等はがす
 布団乾燥機で、掃除機で吸う
 新たにペットは飼わない
運動する

こういうことをされたうえで吸入ステロイドを考えられたらいかがですか?

        佐藤小児科   佐藤美津子

お返事

お忙しい中ありがとうございます。
咳ぜんそくも気管支ぜんそくと同じように考えてよいのですね。
ご丁寧にアドバイスありがとうございました。

6才娘のアトピーについて

佐藤先生こんにちは。

遠方に住んでる為メールでご相談させて下さい。

去年の秋頃から腕や足に湿疹が出始めステロイドを使っていましたが現在は使っていません。
今は飲み薬も飲んでいません。

市販のクリームとワセリンを部分的に使用しています。

足は落ち着いてきていますが腕や首に症状があります。

特に首は真っ黒になりこのままずっと黒いままなのか毎日悲しくなっています。

飲み薬は使う、使わないの基準はどこですか?

また首の黒いのはいつまで続くのでしょうか?

No title

リナさんへ

以前、太ももが真っ黒だった年中の子がいました。この子は確か数年塗っていたと思います。
黒いということは、炎症が治まっているということだとも言えますし、掻くことで黒くなることもあります。

その年中の子は、脱ステ・脱保湿をされ、数年かかりましたが、黒い色は無くなりました。今は小学校高学年ですが、みても分からないぐらいになっています。

待たないと仕方ないですね。

自由に掻かせ
気にせずかわいがる

この二つができれば、100点満点です。

リナさん、頑張ってください。

     佐藤小児科   佐藤美津子

佐藤先生お返事ありがとうございます。

時間はかかるけど黒いのがなくなると言われ安心しました。

先生の本を読まさせて頂いたので今は自由に掻かせています。

またわからないことがありましたらご相談させて下さい。

予防接種・一般診療について

美津子先生こんばんは。kogaronこと古賀と申します。
山口県の離島の者で、アトピーの長男を連れて二度ほどお目にかかりました。もうすぐ4歳になりますが、ずいぶんよくなりました。

9月に次男が誕生しました。
この子も生後一ヶ月から耳切れと湿疹がありアトピーのようです。顔が赤くジュクジュクとしています(かさぶたが出来ても掻き壊し、玉の汗のように汁が出ます)。体もかさつきが目立ってきました。ミルクを1割増し濃度にし、四ヶ月に入ってすぐ離乳食を開始しました。

今回伺いたいのは、アトピー相談ではなく、予防接種と一般診療でしたらあまり待たずにお願いできるかということです。

というのも、先日島内で予防接種を受ける予定でしたが、感染症のような症状があり延期になってしまいました。医師は子供の湿疹がよくわからないとのことでとりあえず長男と同じ飲み薬を出していただきましたが、一度本土の小児科に行って欲しいとのことでした。

吐き戻しも頻繁にあり気になっているので小児科に行きたいとは思っているのですが、本土の小児科(二軒しかない)はアトピーの長男に無意味な食事制限をすすめてきたり、「脱ステロイドという考え方があるのは知っているけど私はステロイド使いますからそのつもりで」といった感じで、次男を連れて行っても同じ事だろうと思い気が進みません。(長男の予防接種は「ガサガサしてると打てない。子供は医療費タダなんだからステロイド出させて」と言われました)

長々と書いてしまいましたが、今月末主人の休暇で岡山の実家に帰省しますので、美津子先生に接種と診察をしていただけたら大変ありがたいのですがいかがでしょうか。

No title

kogaron さん

予防接種は風邪とか引いてなければ、気にせず打ってます。

ただ、地域が違うと少し問題があることがあります。

まず、依頼書を住民票のある市町村に書いてもらう―これはもし健康被害があった時には住んでいる市町村が保障するということになります。
次に、返金してくれるかを聞いてください。接種時に支払っていただき、領収書をそちらの市町村で提出して返金してもらえるかです。返金しない自治体もあります。結構、4混・ヒブ・肺炎球菌と打つと、値段がかかります。

もし良ければ、電話で予防接種を予約してください。

      佐藤小児科   佐藤美津子

後、市町村と佐藤小児科で契約書を交わしてう智、市町村に請求したこともありますが、ややこしいので上記でお願いします。

ご回答ありがとうございます。

お返事をくださりありがとうございます。
朝、電話で予約をとらせていただきました。

以前に上の子供の予防接種を美津子先生にしていただいたことがあります。その際自費でしたので、今回もそうだろうと思います(役所の連絡待ちですが)。

お目にかかれる日を楽しみにしております。

離乳食のタンパク質について

こんばんは。上に書きましたkogaronです。たびたびの投稿失礼します。

四ヶ月になってすぐ離乳食を開始したのですが、四ヶ月児でもタンパク質は色々なものをどんどん試していいのでしょうか?

先生の赤い本には「卵は離乳食の最後に試す」とあったと思います。また「6カ月過ぎたら寿司でもビフテキでも…」と書かれた育児書もあるとのことで、低月齢のうちは豆腐や白身魚などにとどめておいたほうがいいのかな?と気になりました。

息子は、豆腐、きな粉、高野豆腐、豚肉、牛乳(ベビーフードの鱈のクリーム煮に含まれていました)を食べさせましたが特に異常はありませんでした(大人のおかずを取り分けています)。よく食べた翌日はジュクジュクの乾きが目に見えて良いので、問題なければもっと色々食べさせたいのですが…

No title

kogaronさん

赤本そろそろ改訂しないとと思っています。
今、1回ですか?2回に増やされてもいいかもしれませんね。
阪南に入院する子は、4か月で2回食、1回200gぐらい食べます。

卵も特に制限せずに出してもらった赤ちゃんもいましたね、5か月で。まあ、卵はアレルギーが出る子もいるので、最初はごく少しから始めたほうが、ストレスが少ないと思います。

あなたが食べているもので、牛肉や鶏肉、お魚、何でも様子見ながら食べさせてください。肉類でアレルギーが出た子は経験ないです。阪南の4か月児のたんぱく質量は、離乳食からは約13g、ミルクをもし600cc飲むと、ミルクからは約9g
これでもなかなかアルブミンは上がりませんでした。もっといるんでしょうね。体重から考えると、3.6g/kg位は食べているんですが。

        佐藤美津子
無理強いはしないでくださいね

おはようございます。ご回答ありがとうございます。

今は昼一回食です。機嫌の良いときであれば、8倍粥とおかずで子供茶碗軽く1杯くらいの量を食べます。

体重は七キロちょっとあり元気なのですが、顔中に分厚いかさぶた→掻き壊して血と汁がふきだす→また厚いかさぶた、を繰り返しているので食事の回数とタンパク質の割合を増やしてみたいと思います。楽しい雰囲気作りも心がけます。

卵を5ヶ月から食べている子もいるのですね。
二月一日美津子先生に予防接種をしていただく予定なのですが、その時卵の入った物を少量試させていただいてもよろしいでしょうか?
離島で急病の時の対応が難しいことがあるので、重篤なアレルギーを起こさないかだけでも知っておけるとありがたいのですが…

No title

kogaron さん

たまごボーロ、全卵が入ってる分、持ってきてください。2時間はいないといけませんが、大丈夫ですか?

昨日、役所から電話があり、市と契約することになりました。予防接種について。契約が成立すれば、費用の負担は無いと思います。

5か月で3回食の子もいたし、鶏から揚げ噛み砕いて食べさせた方もいました。
結構食べれるんだなと思いますね。

      佐藤美津子

先生、色々と本当にありがとうございます。2時間以上の滞在可能です。よろしくお願いいたします。

予防接種の件ですが、「どうしても県外で打つのもやむを得ない事情があれば費用負担がいらない場合もある」と役所の方に言われ、(アトピーが「どうしてもやむを得ない事情」とも思えないので)自費でかまわないから簡単にして欲しいと伝えていたのですが、「小児科と連絡が取れ、委託契約の手続き中です」と事後報告のメールが来ました。
お手数をおかけしてしまい、大変申し訳ありません。

5ヶ月から唐揚げの話を聞いたときビックリしましたが、重湯や茹でた野菜よりそっちの方が確かにおいしいですよね。
次男は甘辛い味付けの物が食べやすいようで、今日は肉豆腐をつぶしたものをよく食べてくれました。長男が六ヶ月から三回食にした、というだけで周囲にすごく驚かれるので大きな声では言えないのですが。

No title

佐藤先生

三歳二ヶ月の娘のアトピーがなおりません。
三カ月の時キンダベートを数日使って以降保湿もステロイドぬっていませんでした。毎年少しずつよくなっている実感はありますが、今もなおりません。膝後ろ、両肘内側は引っ掻いて少し皮がむけ赤いです。両手両足乾燥しています。手はあかぎれの手前のようです。

昼寝はせず朝7時半頃起きて夜20時ころねますが、22時,1時,5時頃に目を覚まし、かゆいと言って掻いて、1時頃は長いと30分くらい起きています。22時,5時は割とすぐ寝ます。

主人が馬油をつけると治ると、塗り始めました。以前私が一週間左手につけた時は右手より赤くなったように感じ塗るのをやめたのですが、今、塗り方が足りないと主人がつけ始めました。私が保湿はしたくないと言っても、主人は三歳でも治らないし、私のやり方は虐待だ、馬油は保湿ではない、色々な治療法を試す、まずは馬油をつけるといいます。娘もつけたがります。主人は娘にかわいそうねと言いながらぬっています。娘も数ヶ月前から何でかゆいのと問うてきます。私は誰でもかゆい時はあるといいますが、幼稚園も始まるし、どうしようと思っています。

夜中かゆいと起きてかきますし、重症ではありませんが現状のままでいいとも思いませんが、日中掻いたりしませんし、気長に待とうと思ったら主人が耐えかねて馬油をつけ始めました。どうすればいいでしょうか

私は馬油は保湿だと思い、柔らかくなった皮膚をかくと傷つきやすいと感じます

佐藤先生に相談したく予約待ちをしていますが、遠方在住であり、重症ではないため診察を迷っています。
主人にもいってほしいですが行かないと言われています

義理の両親も娘を思い、漢方をいただきました。楡の皮や花椒など植物の乾燥したもの、ミョウバンが入った漢方で、煎じて手につけたり一度風呂に入れたりしてみましたらこちらはいいような感じがしました。

脈絡のない文章ですみません。お返事お待ちしています


kk

No title

kkさん

ご家族の意見が異なると、なかなかやりにくいですね。

治りにくいお子様の様子を聞かせていただくと、結構共通することがあります。

① 夜ほっとけない
② 必死になる
③ かわいそうにと思う
④ アトピーを許すことができない

これらはすべて、子どものアトピーは嫌だと言っているということになります。お互いにしんどいですね。
しんどい状況はストレスになります。

子どものアトピーこれでいいんだという気持ちがあれば、きっとお子様も楽になるかと思いますよ。
また、そう思えると親も楽になりますね。

        佐藤小児科      佐藤美津子

No title

佐藤先生
お返事ありがとうございます。
私は放っているつもりでできていないのかもしれません。
馬油は塗っても大丈夫でしょうか?やはり保湿と同じ扱いでしょうか?

kk

No title

kkさん

馬油、みなさん好きですねー。

勿論保湿になります。

馬油を塗っていいかどうかは、診察していないのでなんとも言えません。

ただ、馬油でダメなら他の保湿剤・・・・・保湿剤のジャングルの中で迷ってしまうことになる方が多いですね。

         佐藤小児科   佐藤美津子

また、馬油を塗ることが中心的な問題ではないと思いますが。

No title

佐藤先生

お返事ありがとうございました。
ほっておくことができていないためでしょうか。。。
主人から馬油を塗ればよくなっているのにつけないのはかわいそうすぎる、きちがいもいいところだと責められるのが一番つらいです。

kk
プロフィール

佐藤美津子

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター