FC2ブログ

母乳の赤ちゃんは要注意!

母乳のあとぴっこは要注意!

以前も書きましたが、なかなかご家族に届きません。

母乳のアトピーの赤ちゃんにとっては、4か月以降が非常にしんどい状態になります。特に、重症児は、母乳にこだわると、生き死にの状態になることもありえます。
体重が小さいとか、アレルギー検査してもらおうとか、と言う理由で、近所の普通の病院を受診してしまうと、
検査の結果、体重が横ばい・減っている、低アルブミン(口からタンパク質が摂れてない)電解質バランスが崩れる(脱水のため)等になっています。
 「医療ネグレクト」と診断されてしまい、特に関東では、児童相談所に、即通報されてしまう結果になります。
児童相談所は、病院医師の言葉を信じ、場合によっては、強制的に両親から子どもを取り上げることも、今まで何人か聞いたことがあります。

佐藤小児科や、阪南中央病院皮膚科では、上記のような状態になったアトピー児についても、できるだけステロイドを塗らずに治療することを目指しています。が、中には、命の危機と言う状態になったアトピー児もいて、その場合はステロイドを使った子もいました。しかし、プロアクティブ治療はしません。1か月で終了した子もいます。やめることを前提にして治療します。数えるほどの数です、そういう子どもは。

最近は、低アルブミンでも、症状が無ければ、ミルクへ変更・離乳食を食べさせて経過をみることも多くなっています。

使いたくないステロイド。
しかし、自宅での自己治療には、落とし穴があります。

落とし穴に落ちないアトピー治療をする

 重症児は、ミルクにし、10%濃い濃度で飲ませる。
 離乳食は4か月から開始する
 体重が成長曲線内に入っているか、体重を測る
 
受診する病院を選ぶ必要がある
 
 あなたの周りの病院は、基本ステロイド治療の病院。
 良く調べてから受診する必要がある。

こだわりがあっても、こだわりを捨てることが必要な場合もある。

母乳の赤ちゃんで重症児は、注意が必要です。
周りにこういう方がおられたら、声をかけてあげて欲しいです。
こういう病院があるよと。
プロフィール

佐藤美津子

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター