FC2ブログ

思い切ってやってみよう!

思い切ってやってみよう!

先日東京練馬区光が丘での「アトピーっ子育児の会」主催の座談会に参加してくださった
方からお手紙を頂いた。許可を得たのでここに掲載させていただきました。

はじめてお手紙を書かせていただきます。
以前、何度か講演会に参加させていただきました。今回光が丘の講演会にて先生にアドバイスを頂き、実行した結果、とても改善したので、お礼を申し上げたくお便り送ります。1つ目は「掻かせる」ということです。私は掻かせていたつもりでしたが、先生のおっしゃる「掻かせる」とはほど遠いものでした。早速その晩から勇気を出して、先生のおっしゃるように掻かせたところ、今まで夜に何度も起きていたのがうそのように眠るようになりました。また私も「泣かせていいんだ」「掻かせていいんだ」と思えるようになり、心が軽くなりました。2~3日は大泣きして掻いていましたが、そのうち掻いても泣くことはなくなり、次第に掻く時間が短くなりました。夜、親子ともども眠れるようになったこともとても幸せなことです。私のイライラが激減しました。
2つめは「アレルギー検査を父親が受けさせたいと思っている」ということです。助言により、受けないという決断に自信がつき、受けない方針で一致しました。
息子は脱ステして8か月。少しずつ改善しているもののまだまだな状態に先が見えず、心が折れそうになることが多々あります。そんな時、講演会などが心の支えになっています。小児科に行けばアトピーのことばかり言われ、街を歩けば好奇な目で見られ、心ない言葉をかけられ、アトピー(脱ステ)の子の母親は孤独だと思います。先生方の活動がどれだけ私の、私たち母親の心の支えになっているか・・・。心より感謝申し上げます。

といううれしいお手紙でした。

もう一人の方の話です。

この方は、今1歳半のあとぴっこのお母様。4か月間体重が増えませんでした。食事が十分とれていなかったのです。でも1歳ぐらいから体重が増え始めました。この直近の1か月は450gも増えています。
彼女は、1歳過ぎのわいわいトークの時に、渡辺栄養士に「ベーコン入りチキンライス」をすすめられたそうです。それまでは痒くなるのが怖くて「まだ早い、この食材はまだ早い」という気持ちが強く、和食中心―煮魚、煮物等茶色のものばかりで嫌がって食べなかったそうです。ベーコン入りチキンライス??思い切って作ってみると、それがいっぱい食べてくれました!たまごや牛乳もなかなかあげてくれなかったのが、食べさせてくれました。
今は自分で食べるようになり、母親が食べさせようとすると手を振り払うぐらいになってきました。ママ友からも情報もらっているみたいです。

このお二人の共通するところは「思い切って実行した」ということです。

夜掻いてもほっとくとあきらめて寝ます。掻いても構わなければ、痒い時しか掻かなくなります。
6か月過ぎると「お寿司でも天ぷらでもビフテキでも」と書いている育児書があるよと話していますが、栄養士の一言、ママ友の一言が背中を押してくれました。

思い切って食べさせましょう!アトピーは食物アレルギーではありません。
思い切って掻かせましょう!痒い時は誰でも掻きます。

食べる、掻かす、これって普通のことです。普通のことをしているとアトピーは良くなってきます。
プロフィール

佐藤美津子

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター