「治りにくいアトピーの治療」

「治りにくいアトピーの治療」


3月26日(日)  午後2:30から 

場所:牧野生涯学習市民センター3階

牧野生涯学習市民センター活動委員会主催 

3月2日10時より電話で受け付け 先着36人 050-7102-3137まで 

無料 

脱ステの第一人者:阪南中央病院皮膚科佐藤健二が講演します。

是非ご参加ください

前回好評だったので、再度の講演依頼だということだそうです。

第37回アトピック講演会in徳島  2月11日

皆様

お元気ですか。

2017年2月11日(13:00-16:30)

   徳島市のとくぎんトモニプラザ レクリエーションホールで

   第37回 アトピー性皮膚炎講演会in徳島を行います。

演者

藤澤重樹先生
 「赤ちゃん湿疹はステロイドさえ使わなければアトピーにならない」
 「ステロイド使用で難治化した大人のアトピーの治し方」

佐藤美津子
 「赤ちゃんのアトピーは自然に治ります」

佐藤健二
 「入院する赤ちゃんの問題点」
 「治らないアトピーになぜ脱ステロイド・脱保湿?」

とくぎんトモニプラザ
 徳島県徳島市徳島町城内2-1
 JR徳島駅より徒歩10分 駐車場有(有料)

参加費無料
事前申し込みは不要


ご参加いただけると嬉しいです。
また多くの人にお伝えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

「ステロイドを使わないアトピーの治療」講演会

「社会福祉法人 森の子ども」さんが下記の講演会を企画してくださいました。お誘い合わせのうえぜひご参加ください。

「ステロイドを使わないアトピーの治療」講演会

日時:2017年1月28日 13:30-15:30(30分質疑応答)

場所:鳳こども園(鳳幼稚園・あいあい鳳保育園)2階遊戯室
   
   JR鳳駅より徒歩5分
   堺市西区鳳中町5-156-3
   Tel 072-262-0039
   駐車場なし、駐輪場あり

講師: 佐藤健二(阪南中央病院 皮膚科部長)

演題:ステロイドを使わないアトピー性皮膚炎の治療

参加方法:申込書に必要事項を記入し、FAXあるいは郵送
     申込用紙は園のほかに、阪南中央病院皮膚科外来、佐藤小児科にもあります

問い合わせと申し込み:
   ①あいあい浜寺中央こども園
        TEL:072-267-7600 FAX:072-267-7606
   ②あいあい鳳保育園
        TEL:072-262-0039 FAX:072-262-0101
参加費:無料
主催:社会福祉法人 森の子ども

第36回アトピー性皮膚炎講演会in山梨

第36回アトピー性皮膚炎講演会in山梨

   http://www.sato-shonika.com/original19.html#a160918

脱ステロイド療法・脱保湿療法+様々な視点で治療に取り組む医師と患者による体験談を聞いてみよう!
治りにくい「アトピー性皮膚炎」とは何か?
「脱ステロイド・脱保湿療法」とは?
「乳児アトピーと食は?」
乳児~大人までを対象とする「アトピー性皮膚炎」についての講演です。

■ 日時 : 2016年9月18日(日)
12:30~16:30(開場12:15)
■ 会場 : やまなしプラザ(山梨県防災新館)オープンスクエア
山梨県甲府市丸の内1-6-1
JR甲府駅南口より徒歩7分
■ 内容 : 第一部 乳幼児患者編(12:30~14:30)
第二部 成人患者編(14:45~16:30)

駐車場 : あり(有料)
■ 定員 : 150名
■ 申込方法 : 事前申込み不要
(どなたでも自由に参加していただけます)
■ 参加費 : 無料
■ 問合せ先 : atopic.info@gmail.com
072-281-0215(佐藤小児科)

治りにくいアトピーは、決してあなたの塗り方が悪いとかではありません。ステロイド依存に陥ったために、治りにくくなっているのです。
脱ステ・脱保湿の話を聞いてみよう!
先輩の話を聞いてみよう!

アトピー性皮膚炎を考える ~お肌のこと悩んでいませんか?~

東北地方の皆様、ぜひお越しください。

治りにくいアトピーはステロイド皮膚症・保湿依存症です。決してあなたが悪いわけではありません。
今回、皮膚炎患者サークル カランコロンさんが以下の企画をしてくださいました。


アトピー性皮膚炎を考える ~お肌のこと悩んでいませんか?~


趣旨
 ステロイド外用薬(以下、ステロイド)はアトピーの治療薬として標準的に使用されているが、ステロイドの使用を続けてもアトピーが完治せず、むしろ症状が悪化したり深刻な離脱症状が現れるケース(ステロイド皮膚症)がある。深刻な身体症状に加え、外見を過度に気にして人間関係に不安を抱えたり、治療のために休職や離職を余儀なくされるケースもあり、社会生活全般に渡って大きな困難を抱える。
 このような実態は社会的に認識されておらず、東北地方ではアトピー患者の交流やステロイド問題を扱った団体は存在しない。この中で当事者は、治療を続けても一向に回復しない中で不安や悩みを抱え込んでしまったり、周囲から理解されずに孤立する現状があり、本企画を通じて社会的な理解を形成していく。

 また、本企画はカランコロンのキックオフイベントでもあり、サークルで活動するメンバーの募集も同時に行う。

日時:2016年7月3日(日) 14:00~17:30
会場:仙台市市民活動センター 6階 セミナーホール
・JR仙台駅西口から徒歩約15分(約1.1km)
・地下鉄南北線「広瀬通駅」西5番出口すぐ
・地下鉄東西線「青葉通一番町駅」北1番出口徒歩約6分(約450m)
・市営バス「商工会議所前」徒歩3分

参加費:無料

講師:佐藤健二先生(阪南中央病院皮膚科)
(1)ステロイド外用薬を使用した皮膚炎治療について
(2)皮膚科医療を取り巻く環境
(3)佐藤先生自身がどのような経緯で今の治療法を目指してきたか

主催:皮膚炎患者サークル カランコロン
連絡先:calancolon.tohoku@gmail.com(木村)




プロフィール

Author:佐藤美津子
FC2ブログへようこそ!
赤ちゃんや子どものアトピー・乳児湿疹にステロイドを使わない治療をしています。連れ合いと共に広めていきたいと思います。
出身は和歌山、梅で知られているみなべ町。大学入学後、大阪に移り住みもうすっかり大阪人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター